homeへ戻る
A NEW SERIES TIMELINE topへ戻る

ECM NEW SERIES の歩み
A NEW SERIES TIMELINE

Album cover reproduced by courtesy of ECM Records, Munich
●ジャケット写真はECM Recordsの許諾のもと、掲載しております。(musicircus


 
1986
 

 ロッケンハウス音楽祭においてライヴ収録された、ヴァレリ・アファナシェフ Valery Afanasiev による、シューベルトの変ロ長調ソナタの驚くべき演奏が登場しました。

ロッケンハウス・エディション Vol.3

シューベルト:
 ピアノ・ソナタ第
21番 変ロ長調 D 960

ヴァレリ・アファナシエフ(ピアノ)

ECM New Series 1328 (=ECM New Series 1682
 
 オーストリアの現代作曲家ウェルナー・ピルシュナー Werner Pirchner による偶像破壊的な作品《EU》は、1987年度ドイツ・レコード賞を受賞しました。また本作は後にゴダールのサウンドトラックにおける主要な素材音として活用されることになります。

訳註:
 アルバム・タイトルの「
EU」とは、ドイツ語で「真面目」や「謹厳」を意味する“Ernst”(エルンスト)と、「娯楽」や「エンターテインメント」を意味する“Unterhaltung”(ウンターハルトゥング)のそれぞれの頭文字を取ったもの。ピルシュナーは、「E」と「U」のそれぞれ優れた特徴を活かした上で、両者が混合した創作を目指していた。彼の作品の楽譜にはその象徴・標識として、「EU」の文字が刻まれている。
 なお、名前の表記は日本では「ヴェルナー・ピルヒナー」とされることも多いが、
Youtubeで本人へのインタヴューや彼の活動を紹介する地元オーストリアの動画を見ると、発音は「ピルシュナー」となっている。
 ヴェルナー・ピルシュナーは、
2001年に61歳で死去。公式ウェブサイト:

ヴェルナー・ピルシュナー
EU

荒れた生活のソナタ PWV 19
Sonate vom rauhen Leben (PWV 19)

木管五重奏のための弦楽四重奏曲 PWV 15
Streichquartett für Bläserquintett (PWV 15)

ツィラー渓谷[ツィラータール]からの良い知らせ(1981PWV 12
Good News From The Ziller Valley (PWV 12)

室内交響曲「チロル地方の舞踊の夕べ」(1980PWV 16
Kammer-Symphonie "Soirée Tyrolienne" (PWV 16)

皇帝ジョーを知っているか?(1982PWV 13
Do You Know Emperor Joe (PWV 13)

2つの戦争と平和の聖歌隊 PWV 20
Two War- & Peace-Choirs (PWV 20)

愛する神のための「C」周辺の小さなミサ(1982PWV 14
Kleine Messe um "C" für den lieben Gott (PWV 14)

バス・ヴィブラフォンのための独奏ソナタ PWV 21
Solo Sonata For Bass-Vibes (PWV 21)


Werner Pirchner: accordion, voice | Siggi Haider: accordion | Flfi & Stella Pirchner: line bells

The Vienna Wind Soloists [Member of the Vienna Philharmonic Orchestra];

Wolfgang Schulz: flute | Gerhard Turetschek: oboe | Peter Schmidl: clarinet | Volker Altmann: horn | Firtz Faltl: bassoon

Ernst Kovacic: solo-violino

Ensemble Kontrapunkte - Vienna| Peter Keuschnig, conductor

Vienna Brass Quintet "Prisma";

Hans Gansch, Karl Steininger: trumpets | Robert Lorenzi, Hansjörg Angerer: horns | Horst Kübelböck: b-trombone | Nikolaus Schafferer: tuba

Othmar Casta, conductor

Ina Haidinger: soprano and alto | Doris Linser: alto and soprano | Heinrich Wolf, Siggi Haider: tenors | Hermann Vogl, Wolfgang Praxmarer, Werner Pichner: basses

Kurt Neuhauser: cathedral organ

Werner Pirchner: bass-vibes and voice


ECM New Series 1314/15

 
 アルメニア系アメリカ人のヴィオラ奏者キム・カシュカシャン Kim Kashkashian は、New Series における最も重要な演奏者のひとりですが、彼女のNew Seriesへのデビュー作となったのがロバート・レヴィン Robert Levin とのデュオ(現在も継続中)によるアルバム《エレジー Elegies》でした。リストからエリオット・カーターにまで至る、さまざまな作曲家の「エレジー(哀歌)」が収録されています。

「エレジーズ」

ブリテン:
 ラクリメ 作品
48
ヴォーン・ウィリアムズ:
 ロマンス
カーター:
 エレジー
グラズノフ:
 エレジー 作品
44
リスト:
 忘れられたロマンス
コダーイ:
 アダージョ
ヴュータン:
 エレジー 作品
30

キム・カシュカシャン(ヴィオラ)/ロバート・レヴィン(ピアノ)

ECM New Series 1316
 
 ギャヴィン・ブライアーズ Gavin Bryars が送り出した新作、アルディッティ弦楽四重奏団と組んだ《スリー・ヴィエニーズ・ダンサーズ(三人のウィーンの舞踊家) Three Viennese Dancers》は、現代イギリス音楽の新しい航路を切り開くものとなりました。

ギャヴィン・ブライヤーズ
「スリー・ヴィエニーズ・ダンサーズ(三人のウィーンの舞踊家)」

プロローグ
弦楽四重奏曲 第
1番「国際ホテルとブリストル・ホテルの間」
ファースト・ヴィエニーズ・ダンス「マタ・ハリ」
エピローグ

アルディッティ弦楽四重奏団/パスカル・ポンジー(フレンチ・ホルン)/チャールズ・フルブルック、ギャヴィン・ブライヤーズ(打楽器)

ECM New Series 1323
 
   マンフレート・アイヒャーにドイツ・レコード批評家賞特別賞 Ehrenpreis der deutschen Schallplattenkritik が授与されました。

 
 


(c) ECM Records, Munich. Used by permission.

 
  ※本記事は、ECM のウェブサイトで発表されたテキストを、著者スティーヴ・レイク氏ならびに ECM Records の許諾を得て翻訳掲載するものです。musicircus  

topへ戻る