Available in Japanese text.
since 2002. 11.
former website URL ; http://homepage3.nifty.com/musicircus/



musicircus





ソ連メロディヤ・ジャズ盤の宇宙
岡島豊樹=編
発行:カンパニー社 

2021430日初版発行 2,200円(税込)
B6判並製(17.4 x 11.2 x 1.9 cm
288頁(カラー口絵32頁)


東欧ロシアジャズの部屋
出版案内:ソ連時代のメロディヤ・ジャズ盤を解説
書籍『ソ連メロディヤ・ジャズ盤の宇宙』のご案内
 


メロディ「ヤ」だぜ、「ヤ」!、の「宇宙」だぜ、「宇宙」!、タイトルだけでノックアウトだ、

そんで白地に鮮やかに輪郭、キリル文字、開くとすぐにカラーで中古屋でさえ見たこともないジャケ、ジャケ、ジャケ!、

そして本文、
80年代90年代前衛ジャズをこれでもかと情報の圧縮文字列で組まれた黄金の『ジャズ批評』誌が再現されているという、眩暈にも似た集中した意識、うぐぐ、


2パーセントくらいしか固有名詞がわからない、一字一句周密に組まれた論旨は密教の呪文のようだ、

岡島さんのあの純粋な瞳で早口で核心だけを数珠つなぎにして熱く語られる声がよみがえってくる、

オリエンテーションという章ではじまるのも泣ける、

そして「ソ連ジャズ古事記」
23枚完全レビューだぜ、こんな限定的な状況下で創造の生命がドキュメントされた文化事象、まさに「宇宙」の名に相応しい、

現在の何でも配信で簡単に耳にできる音楽の、じつは新しい楽曲のほとんどが過去遺産のパッチワーク、パラメータ設定のプログラミングに聴こえてしまう、といった深刻な事態、への痛烈な批評になってはいないか、

それはともかく、この音源はどうしたら聴くことができるのだ?、人間の根源の音楽に創造の欲望に触れたいという漠然とした希求に襲われる、

若いひとたちに目にしてもらいたい、魂が火傷しそうだぜ、

Niseko-Rossy Pi-Pikoe


 

三善 晃 [詩:蓬莱泰三]
こどものための合唱組曲 「オデコのこいつ」
1971
Akira Miyoshi “Odeko no Koitsufor Children's Chorus and Piano (1971)
1. おまえはだれだ 2. なんだったっけ 3. ゆめ 4. けんか 5. なぜ?〕

島根県出雲市立第一中学校合唱部
指揮=浜崎香子 / ピアノ=鈴木あずさ
2014327日 津田ホール 「Point de Vue vol.8」)


ECMカタログ
4,200円税込

東京キララ社  品切
河出書房新社  品切

ラスト・ストックが月光茶房でお求め頂けます。残り僅か。(2014.10.23
完売(2015.6.23



ECM catalog 増補改訂版/50th Anniversary
発行・発売:東京キララ社 

ECMレコード創立50周年記念
20191129日発行 本体5,000円(税別)
A5・並製(210×148mm×34mm)
940頁(カラー260頁・モノクロ680頁)



   

昆虫採集と、エーミールと、音楽について、

ECMに録音を残したミュージシャンたちの、サイドメンを含め、他のレーベルの作品、レア作品、名前のクレジットがあればすべて集める、カトリーナ・クリムスキー、タミア、ジミ・スメン[スマン](Jimi Sumén)、アルフレート[アルフレッド]・ハルト、ガース・ノックス、クラウディオ・プンティン、ブルーノ・シュビヨン、

見たことのない組み合わせのミュージシャンたちの未発表盤を
ECM本社の倉庫で見つける夢をみるようになったら一人前だ、

ECM50周年によせて 多田雅範 


ECM catalog  河出書房新社 2010713日発売 A5・並製 684頁

ECM 40年の軌跡  世界初の完全カタログ

稲岡JAPAN
相原穣 原田正夫 堀内宏公 今村健一 大村幸則
岡島豊樹 須藤伸義 多田雅範 横井一江 悠雅彦
ゴールキーパー 前島千代恵(キララ社)

マラドーナ稲岡が率いるJAPANイレヴンは
1100枚を超えるECM全作カラージャケ掲載
全作レビューにいかに戦ったか!

文体を変えないミッドフィルダー多田はイエローカード、オウンゴール
を連発したあと勝手に休憩に入ってしまう。
吼えるマラドーナ稲岡。7にん抜きで走る堀内。黙々とゴールを決める原田。
そして、チームを勝利に導いたのは前島だった。


福島恵一 「耳の枠はずし」
ECM Catalog」−道に迷うための地図 

musicircus main musicircus archive 


波のあわいに〜三善晃・丘山万里子(著) 

三善晃『レクイエム』CD発売。 
「神の道化師」あるいは「裸の声」
   ――ジャン=リュック・ゴダール『映画史』サウンドトラックを聴く/福田光一 


生と死と創造と――作曲家・三善晃論/丘山万里子 

ECM New Series の歩み/スティーヴ・レイク 

大野松雄の音響世界 

武満徹と「日本的なもの」について/安芸光男 

musicircus / JAZZ TOKYO この一年に聴いた 10枚 

音のかたち 音のこころ Shape of sound, Mind of sound/安芸光男
  
EARTH SODA 連載 (2008-2009【※復刻掲載】 

ECMベスト20×2/多田雅範、原田正夫、福島恵一 

JazzTokyo Disc Review "Five by Five"
   『土取利行/添田唖蝉坊・知道を演歌する』 text by 堀内宏公 

JazzTokyo Disc Review "Five by Five"
   『中村タケ/イタコ』 text by 悠 雅彦 
Harue Momoyama Official Website 「桃山晴衣うた語り」
桃山晴衣インタビュー/「肉体言語」誌(1985
われわれの民族音楽とは  土取利行と桃山晴衣/安芸光男 
土取利行の音楽世界 Toshi Tsuchitori / 「土取利行・音楽略記」 ブログ

最新更新  Latest Update
2020.7.18
Legere (レゲレ:選り抜き/読み込み)── ECM master worksECM名盤を聴く)
ECM 1002 Just Music
2020.4.29
rovamimi returns
多田雅範
「ロヴァ耳日記」
音盤めづる姫君これは世界遺産タワー、でこぼこする坂道(
Selected Recordings As World Heritage)、Tokyo 2020 April
2019.11.4 musicircus 2018年に聴いた 10
益子博之
2019.10.20 musicircus 2018年に聴いた 10
多田雅範
2018.10.3 musicircus 2016に聴いた 10
長井明日香
2018.4.29
Legere (レゲレ:選り抜き/読み込み)── ECM master worksECM名盤を聴く)
ECM 1013 デイヴ・ホランド/デレク・ベイリー
チェロとギターのための即興曲



   
矢多羅のマサラ 原田正夫  twitter


   
波のあわいに 丘山万里子  Mercure des Arts




   
Espèces d'espaces 長井明日香  Blog


   Seeing is Believing 若林 恵 




   
オデッサへの手紙 岡島豊樹  Blog


   彩耳記 堀内宏公 




   
Post - Praeludium 安芸光男 


   Cahiers du Jazz 小野好恵 




   
ECM 


   John Cage 




   
rovamimi returns 多田雅範 


   
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review 多田雅範 



    JAZZ TOKYO Jazz and Far Beyond

notice   about this web pages and producers
contact
  musicircus@hotmail.com

本サイトはリンク・フリーです。サイト内のジャケット写真・その他図版は本文内容の参照のために掲載しています。本サイト内のテキストは著作権者の許諾のもとに掲載しています。他者のテキストからの引用は、著作権法の基準に則って適宜判断しています。このホームページの内容を無断で商業用に使用、複製、販売しないでください。“musicircus(ミュージサーカス)” 管理人:多田雅範、堀内宏公  All Writing, Site design & Images are by "musicircus" (exception © signed ) Copyright ©2002-2020 "musicircus". All rights reserved.

   アクセスカウンタ