homeへ戻る
A NEW SERIES TIMELINE topへ戻る

ECM NEW SERIES の歩み
A NEW SERIES TIMELINE

Album cover reproduced by courtesy of ECM Records, Munich
●ジャケット写真はECM Recordsの許諾のもと、掲載しております。(musicircus


 
1987
 
 ヒリヤード・アンサンブル Hilliard Ensemble が初めてECM New Series に姿を顕したのが、アルヴォ・ペルト Arvo Pärt の作品《アルボス Arbos》でした。トーマス・デメンガ Thomas Demenga、ギドン・クレーメル Gidon Kremer、デニス・ラッセル・デイヴィス Dennis Russell Davies、他との共演。

アルヴォ・ペルト
「アルボス《樹》」

アルボス《樹》
私達はバビロンの河のほとりに座し、涙した
パリ・インテルヴァロ(断続する平行)
デ・プロフンディス(深淵より)
何年もまえのことだった
スンマ
アルボス《樹》
スターバト・マーテル

シュトゥットガルト国立管弦楽団金管アンサンブル/クリストファー・バウワーズ
=ブロードベント(オルガン)/ヒリヤード・アンサンブル/ギドン・クレーメル(ヴァイオリン)/他

ECM New Series 1325
 
 トーマス・デメンガ Thomas Demenga がバッハの無伴奏チェロ組曲集と現代音楽作品を対比させ融合させるシリーズを開始します――この企画はその後、約20年を経て完結することになります。この第一回目のリリースでは、作曲家のハインツ・ホリガー Heinz Holliger に光が当てられ、彼自身のオーボエ演奏による魅惑的な自作「重音(多様な音響) Mehrklänge」の練習曲がフィーチャーされています。

トーマス・デメンガ
「ハインツ・ホリガー/
J.S.バッハ作品集」

ハインツ・ホリガー:
 ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲
 独奏オーボエのための重音練習曲
 無伴奏チェロのための「トレマ(身震い)」
J.S.バッハ:
 無伴奏チェロ組曲 第
4番 変ホ長調 BWV 1010

トーマス・デメンガ(チェロ)/ハインツ・ホリガー(オーボエ)/カトリン・デメンガ(ヴァイオリン)

ECM New Series 1340
 
 ヒリヤード・アンサンブルによる初めてのECMフル・アルバム、トマス・タリス Thomas Tallis の《エレミアの哀歌 Lamentations of Jeremiah》。

トマス・タリス
「エレミアの哀歌」

エレミアの哀歌
世の救い主よ、われらを救いたまえ(モテトゥス)
おお聖なる晩餐(モテトゥス)
四声のためのミサ曲
主よ、我が罪を消し去りたまえ(モテトゥス)

ヒリヤード・アンサンブル

ECM New Series 1341
 
 メレディス・モンク Meredith Monk 《ドゥー・ユー・ビー Do You Be》。

メレディス・モンク
「ドゥー・ユー・ビー」

おびえている歌
私は知らない
ウィンドウ・イン・セブンス
ダブル・フィエスタ
ドゥー・ユー・ビー
パンダ・チャント
I
メモリー・ソング
パンダ・チャント
II
石切り場の子守歌
影の歌
宇宙飛行士の賛歌
わだち

メレディス・モンクとヴォーカル・アンサンブル

ECM New Series 1336
 
 


(c) ECM Records, Munich. Used by permission.

 
  ※本記事は、ECM のウェブサイトで発表されたテキストを、著者スティーヴ・レイク氏ならびに ECM Records の許諾を得て翻訳掲載するものです。musicircus  

topへ戻る