homeへ戻る
A NEW SERIES TIMELINE topへ戻る

ECM NEW SERIES の歩み
A NEW SERIES TIMELINE

Album cover reproduced by courtesy of ECM Records, Munich
●ジャケット写真はECM Recordsの許諾のもと、掲載しております。(musicircus


 
2004
 
 ティグラン・マンスリアン Tigran Mansurian の魂の奥底から響く音楽を集めて、キム・カシュカシャン Kim Kashkashian が奏で上げた一枚。本作は、ひいき目で見なくとも、彼女のアルバムを通じて最も印象的な作品といってよいでしょう。《モノディア Monodia》では、ヤン・ガルバレク、レオニダス・カヴァコス、ヒリヤード・アンサンブル、クリストフ・ポッペン指揮ミュンヘン室内オーケストラ、そしてもちろんキム・カシュカシャン自身の演奏がフィーチャーされています。ここにまさしく重要な声明が発せられたのです。

ティグラン・マンスリアン
「モノディア」

ヴィオラ協奏曲「…そして私は再び時間に取りつかれた」
ヴァイオリン協奏曲
ソプラノ・サクソフォンとヴィオラのための「ラクリメ」
ヴィオラと四声のための「信仰告白」

キム・カシュカシャン(ヴィオラ)/レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)/ヤン・ガルバレク(サックス)/ヒリヤード・アンサンブル/ミュンヘン室内オーケストラ/クリストフ・ポッペン(指揮)

ECM New Series 1850/51
 
 オーストリア出身のピアニスト、ティル・フェルナー Till Fellner の登場です。バッハの平均律クラヴィーア曲集を、非常に思慮深く、同時に感性豊かな観点に立って奏でています。巨匠アルフレッド・ブレンデル Alfred Brendel はこう語りました──「彼はバッハを異なったやり方で演奏している。そして、おそらく、それを私よりも上手くやり遂げている」。

J.S.バッハ
「平均律クラヴィーア曲集 第
1巻」

ティル・フェルナー(ピアノ)

ECM New Series 1853/54
 
 トリオ・ミディーヴァル[トリオ・メディイーヴァル] Trio Mediaeval の2枚目となるアルバム《ソワール、ディテル(夕方と彼女は言う。) Soir, dit-elle》では、現代作品と古い時代の作品との比率が前作と逆になっており、ギャヴィン・ブライアーズ Gavin Bryars とアイヴァン・ムーディ Ivan Moody がこの3人の女性歌手グループのために書いた作品などが含まれています。成功をおさめたデビュー盤と同様、本作もとりわけアメリカにおいて非常に大きな反響を呼び起こしました。

トリオ・ミディーヴァル
「ソワール、ディテル(夕方と彼女は言う。)」

オレック・ハルカヴィ: キリエ(
2002
レオネル・パワー: グローリア──ミサ曲「救い主のうるわしき母」より
ギャヴィン・ブライヤーズ: ラウデ・ノヴェラ(
2002
ギャヴィン・ブライヤーズ: アヴェ・レジーナ・グロリオーザ(
2003
レオネル・パワー: クレド──ミサ曲「救い主のうるわしき母」より
アンドルー・スミス: アヴェ・マリア(
2000
アンドルー・スミス: レジーナ・チェリ[天の女王](
2002
ギャヴィン・ブライヤーズ: アヴェ・ドンナ・サンティッシマ[めでたし、いとも聖なる母マリア](
2002
レオネル・パワー: サンクトゥス──ミサ曲「救い主のうるわしき母」より
アイヴァン・ムーディ: カシアニの讃詞(
1999
ギャヴィン・ブライヤーズ: ヴェニーテ・ア・ラウダーレ(
2002
アイヴァン・ムーディ: 獅子の眠り(
2002
レオネル・パワー: アニュス・デイ──ミサ曲「救い主のうるわしき母」より
グレゴリオ聖歌: めでたし、救い主の聖母

ECM New Series 1869
 
 エレニ・カラインドルー Eleni Karaindrou がテオ・アンゲロプロス監督の映画作品『エレニの旅 The Weeping Meadow』ために書いた音楽は、個性的かつ叙情的、悲劇的な響きの色彩で覆われています。彼女の音楽を奏でる演奏家たちは、これまで十年以上にわたって彼女と緊密な共同作業を続けて見事な成果を実証していますが、本作でも、哀しく痛ましい、感覚に強く訴える演奏を行なっています。

エレニ・カラインドルー
『ウィーピング・メドウ』
(テオ・アンゲロプロス監督作品『エレニの旅』のための音楽)

ザ・ウィーピング・メドウ
難民のテーマ
I
ウェイティングI
想い出
樹木
若者のテーマ
I
ザ・ウィーピング・メドウI
難民のテーマII
ウェイティングII
難民のテーマ
祈り
樹木
オン・ザ・ロード
若者のテーマ
難民のテーマ
III
ザ・ウィーピング・メドウII

ECM New Series 1885
 
 ヒリヤード・アンサンブル Hilliard Ensemble の活動30周年を祝して、かれらのECMでの20枚目にあたる新作、神秘的でうっとりした夢想へと誘うマショー Machaut のモテット作品集がリリースされました。

ギヨーム・ド・マショー
モテット作品集

1. モテット第2番「わたしはため息をつく/ため息をつくつらい心/すべての者」
 
De Souspirant Cuer M2
2. モテット第3番「なぜ、わたしは死んでしまわなかったのか/わたしの心を痛めつける至上の愛/おお、死よ、おまえはどれほど嫌われているか」
 
Fine Amour, Qui Me Vint Navrer M3
3. モテット第4番「わたしは依り頼みます/甘き露/よき望み」
 
Puis Que La Douce Rousée M4
4. モテット第5番「御心が行われますように/より愛す人は/ある人々が」
 
Qui Plus Aimme M5
5. モテット第7番「わたしはあなたのために死にましょう/ああ、わたしは死ぬ運命にある/わたしの心を大いに」
 
Lasse! Je Sui En Aventure M7
6. モテット第8番「助けてくれる者はいない/ああ、運命の女神よ、わたしはあまりに離されている/君は運命の女神の約束」
 
Ha! Fortune M8
7. モテット第9番「野獣が/おお、ねたみよ/あらゆる高慢の源泉」
 
O Livoris Feritas M9
8. モテット第10番「死に至るまで従順で/ああ、どこで/助けて、助けて、火が」
 
Helas! Où Sera Pris Confors M10
9. モテット第11番「繊細で優しい心(テノル声部[定旋律])/繊細で優しい心/恋人よ、わたしは耐え忍べる人間です」
 
Fins Cuers Dous M11
10. モテット第13番「破滅/恋人の前に/かくも優しくわたしを引き付けた」
 
Eins Que Ma Dame D'Onnur M13
11. モテット第14番「わたしは恋に病んでいますから/わたしの苦しみ/わたしの心を押し殺し」
 
Faus Samblant M'a Deceü M14
12. モテット第16番「どうして夫はわたしをぶつの/こんなにも誠実な君を愛している/ああ、どうして忘れられよう」
 
Se J'aim Mon Loyal Ami M16
13. モテット第18番「よき羊飼い(テノル声部[定旋律])/よき羊飼い/よき羊飼いギヨーム」
 
Bone Pastor M18
14. モテット第19番「誉れ高きキリスト/心から求め/殉教者たちの尊き崇拝」
 
Diligenter Inquiramus M19
15. モテット第20番「とても信じられない/価値に満ちた美/あのかたはさらに美しい」
 
Biauté Parée De Valour M20
16. モテット第21番「苦難が近づき/来てください、創り主よ/光なるキリストよ」
 
Veni Creator Spiritus M21
17. モテット第22番「大盾と盾を取り立ち上がってください/嘆け、王国の/あなたは支配者の群を」
 
Plange, Regni Respublica M22
18. モテット第23番「わたしたちはあなたを慕い/傷のない/幸いな処女は」
 
Inviolata Genitrix M23

ヒリヤード・アンサンブル

ECM New Series 1823
 
 ヴァレンティン・シルヴェストロフ Valentin Silvestrov による《ラリッサに捧げるレクイエム Requiem for Larissa》。作曲者の亡き妻への追悼曲ですが、「現代に作曲された最も重要なレクイエムのひとつ」として賞賛されるべき作品です。

ヴァレンティン・シルヴェストロフ
「ラリッサに捧げるレクイエム」

ウクライナ国立合唱団“ドゥムカ”/ウクライナ国立交響楽団/ヴォロディミール・シレンコ(指揮)

ECM New Series 1778
 
 ギヤ・カンチェーリ Giya Kancheli 特有の力強さを備えた作品《ディプリピト Diplipito[訳註=ディプリピトは、グルジア全土に見られる2つの陶製の太鼓を組み合わせた楽器]。チェロ奏者トーマス・デメンガ Thomas Demenga と、カウンターテナー、デレク・リー・レイギン Derek Lee Ragin をフィーチャーした作品です。

ギヤ・カンチェーリ
「ディプリピト」

チェロ、カウンターテナーとオーケストラのための「ディプリピト」
ピアノと弦楽合奏のための「ワルツ・ボストン」

トーマス・デメンガ(チェロ)/デレク・リー・レイギン(カウンターテナー)/シュトゥットガルト室内管弦楽団/デニス・ラッセル・デイヴィス(指揮、ピアノ)

ECM New Series 1773
 
 ヘルムート・ラッヘンマン Helmut Lachenmann が社会への異議申し立てとして作曲した世紀末オペラ《マッチ売りの少女 DAS MÄDCHEN MIT SCHWEFELHÖLZERN - TOKYO-FASSUNG 2000 (The Little Match Girl)》は画期的な出来事でした。その「東京ヴァージョン」のCD化です。この録音は、ラッヘンマンが生み出す根本的に詩的な音楽の生成過程を、これまでにない洞察力によって明らかにしています。

ヘルムート・ラッヘンマン
音楽劇『マッチ売りの少女』
(東京ヴァージョン)
ハンス・クリスティアン・アンデルセンの同名の童話及びレオナルド・ダ・ヴィンチとグドルン・エンスリンのテキストによる場面付き音楽

Disc 1
第1部 通りで
 コラール前奏曲 「おお、君はほがらかだ」
 推移 「この寒さの中を」
 「凍え − アリア」 (第1部)
 トリオと再現 (「凍え − アリア」 第2部)
 スケルツォ第1部 (「夜の女王」)
 スケルツォ第2部 「舌打ち」 − 「きよしこの夜」
 「二台の馬車が」
 「狩り」
 「マッチと雪片」
 「窓という窓から」
第2部 家の外壁
 家の外壁 1 <二軒の家の間に>
 シュッ! 1 (「暖炉」)
 家の外壁 2 (「とたんに消えました」)
 家の外壁 3 (「連祷」)
 「我々の肌に書け」
 シュッ! 3

Disc 2
 シュッ! 3
 商店
 「クリスマスの灯りが高く昇っていきました」
 夕べの言い伝え 「星が流れるとき」
 「…二つの感情…」 レオナルドのテキストによる音楽
 家の外壁 4
 シュッ! 4
 おばあさん
 「私を連れていって」
 昇天 (「光とよろこびとにつつまれて」)
 笙 (「二人は神様のみもとに」)
 エピローグ (「けれども、寒い朝」)

森川栄子、ニコール・ティッベルス(ソプラノ)/菅原幸子、辺見智子(ピアノ)/宮田まゆみ(笙)/ヘルムート・ラッヘンマン(語り)/シルヴァン・カンブルラン(指揮)/
SWR交響楽団/他

ECM New Series 1858/59
 
 「ルイ・ステーを讃えて Hommage á Louis Soutter」というサブ・タイトルが付されたハインツ・ホリガー Heinz Holliger のヴァイオリン協奏曲では、このスイス人の画家と音楽家ユジェーヌ・イザイ Eugène Ysaÿe との交流が考察されています。「経歴的」な構成で組み立てられた、迷宮を思わせるこの作品において、たえず中心に位置して主役を演じているのが、並外れた嗅覚と強度を併せ持つトーマス・ツェートマイアー Thomas Zehetmair です。ツェートマイアーは本アルバムで、まるでそれが自らに課せられた使命でもあるかのように、巨大な壁として聳えるユジェーヌ・イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタをも演奏しています。

ハインツ・ホリガー
「ヴァイオリン協奏曲」

ハインツ・ホリガー:
 ヴァイオリン協奏曲「ルイ・ステーを讃えて」
ウジェーヌ・イザイ:
 ヴァイオリン・ソナタ 第
3番「バラード」

トーマス・ツェートマイアー(ヴァイオリン)/南西ドイツ放送交響楽団/ハインツ・ホリガー(指揮)

ECM New Series 1890
 
 アルバム《聖歌、讃歌と踊り Chants, Hymns and Dances》は、アニヤ・レヒナー Anja Lechner とヴァシリス・ツァブロプロス Vassilis Tsabropoulos によって届けられた、グルジェフ George I. Gurdjieff の音楽に対する新しい自由の領域です。本作には、古代ビザンチンの讃歌に基づいたツァブロプロス自身の作品も収録されています。

G.I.グルジェフ/ツァブロプロス
「聖歌、讃歌、舞踊」

聖なる書からの歌
バヤーティー
祈り
ドゥドゥキ
インターリュード
I
ビザンツ聖歌による3つの小品 I
ビザンツ聖歌による3つの小品 II
ビザンツ聖歌による3つの小品 III
舞踏
聖歌
インターリュード
II
アッシリアの哭き女
アルメニアの歌
11
女の祈祷
聖なる書からの歌、変奏
1

アニヤ・レヒナー(チェロ)/ヴァシリス・ツァブロプロス(ピアノ)

ECM New Series 1888
 
 


(c) ECM Records, Munich. Used by permission.

 
  ※本記事は、ECM のウェブサイトで発表されたテキストを、著者スティーヴ・レイク氏ならびに ECM Records の許諾を得て翻訳掲載するものです。musicircus  

topへ戻る