musicircus 2015年に聴いた 10

長井明日香 Aska Nagai

homeへ戻る
この一年に聴いた10枚 のTOPへ戻る
2015年に聴いた10枚」のindexへ戻る


 

     


 2015年は私の意思に反して仕事が変わってしまい、恐ろしく忙しくなるとともに、出張がやたらと増えた年だった。それに伴い、もはや店頭で CD を購入する時間も、意思を持って音楽に出逢う時間も失った。以前あんなに楽しく新たな音楽との出会いを探した飛行機での移動時間も、もはや睡眠時間になってしまった。また、例年に比べて、音楽ジャンルの多様性が減って、J-POP や邦楽を聴くことが多かったと思う。2016年はもう少し音楽的冒険をしたいところだ。

 そんな余裕のない中でも音楽は欠かせない。偶然出会って気に入った曲を iTunes なり Amazon でクリック購入し、それを聴いていた。

 2015年にしつこく聴いた音楽は6曲にとどまった。さっそく振り返りたいと思う。

 
         
    1. 今井美樹 "Colour" 

M-1  Anniversary


 今井美樹の曲が昔は大好きで、フォーライフ時代はアルバムを欠かさずチェックして聴いていたが、レーベルを移籍してからはテイストが合わなくなったような気がして、遠ざかっていた。
それが、昨年偶然目にしたこちらのティザー広告に一発でやられた。

YouTube

 このポップチューンのキャッチーなことといったら! 今井美樹相変わらず表情が豊かで素敵! そして、Incognite のブルーイが参加!!Acid Jazz 全盛期、Incognite が大好きだったもので。)このアルバムを購入して失敗のわけがないじゃないか!という理屈で、発売する前に Amazon で予約購入したのだった。残念ながら、アルバム全曲が繰り返し聴く音楽にはならなかったけれど、この曲は良かったなぁ。

 久々に“アルバムの発売日を心待ちにする行為”を誘発してくれた貴重な1枚となった。

 
         
    2. 椎名林檎 "長く短い祭"

M-1  "長く短い祭"


YouTube

 これまた動画サイトでたまたま観た「コカ・コーラ」の2015年サマーキャンペーンの CM で聴いてすぐほれ込んだ曲だ。まるでボカロのように意図的に修正された曲がやたらとそそるし、「能動的三分間」の音なんかが少しだけ入っているような、遊びも好き。iTunes でリリースされてすぐに購入した。

 デジタルマーケティングの魔の手にまんまとやられている、ダメな私がここにいる… あ、でも本当にマーケティングのワナにかかったのなら、今頃コカコーラをがぶ飲みしているはずだから、ちょっと違うのか…。

 
         
    3. Mark Ronson  Uptown Special

M-4  Uptown Funk ft. Bruno Mars


YouTube

 仕事でアメリカで開催されたイベントに出席したら、イベントの余興で登壇者が集団でこの音楽を踊りだした。あれ、おかしい… 最近のアメリカのポップスにはとくに興味がないのに、この音楽に身体が勝手に反応してしまう! かくして耳から音楽が離れなくなってしまい、この曲は私がしつこく聴く「繰繰聴音楽」となった。早口すぎて歌詞がなかなか覚えられないのが残念なのだが、ま、この歌詞を借りれば、”(Dont) believe me, just watch. というところだろうか。

 色々な人が動画サイトに PV をまねたダンスやパロディ動画を投稿しており、これまた楽しむことができる。

 
         
    4. JAIN   Zanaka

M-8  Makeba

 出張中は日本でなかなか観る機会のない海外のテレビ番組をつけっぱなしにしていることが多い。ある日、出張先で TV5 というフランスのテレビ局の音楽番組をつけていたところに紹介されたのが、この Jain だ。出で立ちは育ちのいい学生さん、という感じなのに、その外見に似つかわしくない、多様なサウンドを盛り込んだ音楽センスに衝撃を受けた。そもそも自分で音すら作れそうにない雰囲気なのに、いい意味で裏切ってくれた。

 JAIN はフランス生まれのコンゴ共和国育ちらしく、南アフリカの歌手であるミリアム・マケバ Miriam Makeba をはじめとした多くのミュージシャンに出逢って音楽活動を始めたとか。ちょっとかすれたような声も魅力的だと思った。この曲はまさにあこがれのマケバへのトリビュートソングなのか。そのうち日本にも進出してくるのではないだろうか。

コンゴ共和国育ちの女の子 Jain が放つポップスの魅力
http://asquita.hatenablog.jp/entry/2015/11/19/010215

 
         
    5. Pritam   Jab We Met (Original Motion Picture Soundtrack)

M-3  Yeh Ishq Hai


YouTube

 実はインド映画が好きだ。とはいえ、日本ではなかなか観る機会がないので、もっぱら飛行機で楽しむことにしている。2015年、機内で観たインド映画のベストは、アーミル・カーン Aamir Khan が主演した PK”。ストーリーが意外に奥深くて、なぜか号泣した。

PK
http://asquita.hatenablog.jp/entry/2015/09/25/224212

 でも、サウンドトラックには魅力を感じなかった。

 一方、インドの映画音楽が聴きたくなって、動画サイトをあさった結果気に入ったのが、この Jab We Met という映画のサウンドトラックだ。映画のストーリーが知りたい方は、”Namaste Bollywood をどうぞ。

 列車に乗った二人が各地を旅するというストーリー展開らしく、“Yeh Ishq Hai”では、曲の魅力もさることながら、地方都市の風景とボリウッドダンスがからむ風景が面白い。

 映画のサントラはプリタム Pritam こと、プリタム・チャクラボルティ Pritam Chakraborty という音楽ディレクターが手掛けているらしい。「どうも聴いたことある名前だ」と調べてみたら、自分がこのプリタム氏が手掛けた別の曲に過去にハマった形跡があった。映画“Yeh Jawaani Hai Deewani”の中の曲、“Dilliwaali Girlfriend”だ。80年代のポップスみたいな音なのだけれども、細かい転調とスピード感に魅力を感じたようだ。

YouTube

 次回インド音楽での新しい出会いを求めるときは、プリタムの手掛けた作品をチェックしてみると、良い出会いが増えるかもしれないな、私の場合。

 
         
    6. Alex Mercado Trio  “The Watcher

M-1  The Watcher


YouTube

 メキシコのピアニスト、アレックス・メルカド Alex Mercado 2012年にトリオでリリースしたデビューアルバム。実は、2014年リリースの最新のアルバム Symbiosis でこのピアニストのことを知り、このアルバムにたどりついた。最新作は、ジャズ界で有名ミュージシャンからのお誘いが多いというドラマーのアントニオ・サンチェス Antonio Sanchez とベースのスコット・コリー Scott Colley の参加で話題になっていた。こちらの作品も良いのだけれども、デビュー作のこの曲が一番耳に残った。ベースはアーロン・クルズ Aaron Cruz、そしてドラムはガブリエル・プエンテス Gabriel Puentes 。疾走感の中にあらわれる不思議な組み合わせの音が好みだ。

 
         
     
【番外編】

 「郡上おどりin青山」は、何の脈絡もなく始まった盆踊りイベントではない。「郡上おどり」の本場である、岐阜県郡上八幡城主、青山家の江戸屋敷があったのが青山エリアであり、その青山家の菩提寺が青山・外苑にある梅窓院だった、というご縁から、1994年に始まったイベントだ。このイベントのこだわりは、お囃子が生演奏である、ということだろうか。

 前から行きたかったこのイベントにふらりと立ち寄って何気なく「今会場に来ています」というメールしてみたら、なんと musicircus の堀内宏公さん、多田雅範さんがお二人とも会場にいるというではないか。なんという偶然! あいにくの雨だったが、私は堀内さんの解説を聞きながら10種類くらいレパートリーがある郡上音頭の名演奏に耳に傾けた。そして、「春駒」以外のお気に入りの曲に出逢ったのだった。

 「さわぎ」という曲だ。笛も三味線も入らず、拍子木と歌、それに踊り手の履く下駄の音だけなのに、なんでこんなに魅了されてしまうのだろう。歌詞が時々艶っぽいのがまたそそられる。

YouTube

 いつか郡上の徹夜踊りで生演奏のお囃子を聴きながら踊って夜を明かしたい。それまでは、青山のイベントに足を運んで、踊りの振りと身につけておこうと思う。

郡上おどりin青山@秩父宮ラグビー場
http://asquita.hatenablog.jp/entry/2015/06/28/220114

    

 
     
<参考リンク: じゃぽブログ>

20120620
6/307/1 青山・郡上おどり
http://d.hatena.ne.jp/japojp/20120620/1340154534

20110815
郡上おどり、白鳥おどりのCDDVD
http://d.hatena.ne.jp/japojp/20110815/1313383807

 
         

TOPへ戻る