homeへ戻る
「オデッサへの手紙」のtopへ戻る

オデッサ
への

手紙

022


打楽器音楽の偉大なアーティスト
ウラジーミル・タラソフのソロ・シリーズ(
ATTO)が
ボックスセット(
11CD+1DVD)にまとまった
岡島豊樹
Toyoki Okajima

(東欧〜スラヴ音楽リサーチセンター)

 
Introducing Vladimir Tarasov's "Complete set of solo works: atto I-XI & Sound games DVD" (box set: 11CD + 1DVD)

Text by Toyoki Okajima

 
     
   ウラジーミル・タラーソフはリトアニアが誇る国宝級音楽家である。国宝というと日本ではたいがい高齢者であるが、タラーソフは現在59歳、現役ばりばりのドラム/パーカッション奏者である。出身はロシアのアルハンゲリスク。1967年にリトアニアに活動の拠点を移した。1971年、ヴャチェスラフ・ガネーリン(ピアノ)、ウラジーミル・チェカシン(サックス)とともにジャズ・トリオを結成。この通称ガネーリン・トリオのジャズによって旧ソ連のジャズは大きな展開をみせることになった。このトリオの音楽は、独創的な作曲観を軸にした前衛ジャズであった。その特徴として多スタイル性が指摘されている。タラーソフが伝統的なジャズ・リズム、ビートをしっかりおさえていることは、このトリオのファースト・アルバムである『Con Anima』(1977年)において明白である。加えて、タラーソフは旋律的な奏法を示すことがしばしばある。旋律的といっても、メロディ楽器とは異なる旋律性である。情や理知に訴えるリズムという意味である。タラーソフのソロ演奏を聴いていると私などは、世の中のリズムのクリシェとのその作用を知り尽くしているのかもしれないと思うことがある。そうでなければこれだけ新鮮な打楽器音楽を長年にわたって生み出すことはできないのではないかと。  
   ガネーリン・トリオ(197186年)の後は、ソロ・パフォーマンス、コンボ、リトアニアの優れたミュージシャンを組織したオーケストラ他、多彩な活動を繰り広げてきた。ドミートリイ・プリゴフやイリヤ・カバコフのような前衛美術家・詩人との共演も多く、そのいくつかはCDになっている。  
   1985年にタラーソフは無伴奏ソロで録音した『ATTOactionの意味)』(原盤メロディヤLP)を契機として、ATTO を無伴奏ソロ・シリーズとしてアルバムを重ねてきた。また、ソロ・ドラミングはタラーソフにとって重要なライヴ・パフォーマンスとなり、今日まで世界各地で公演してきた。演奏場所はコンサート会場にととまらず、美術館における演奏が多いこともタラーソフの活動の特徴である。  
   このたび ATTO シリーズ(IXI)をまとめたボックス・セット『Complete set of solo works: atto I-XI & Sound games DVD』(Long Arms Records CDLA 05071-82 および Leo Records CDLR 817/828)が発売された。全11枚のCDに、サウンド・インスタレーションを収録したDVDが付録についている。各ディスクは、折り畳みの美麗デジパック仕様で、アルバム制作のバックグラウンドが簡潔に記されている(英語とロシア語)。また、付録の64ページのブックレットには写真が満載され、ディスコグラフィ、さらにイリヤ・カバコフ、ウラジーミル・マルティノフ他によるタラソフ論、様々なレヴュー、バイオグラフィ他が記載されていてありがたい。  
   演奏は基本的にソロ(ドラムセット、打楽器各種)である。中には、『ATTO III: Drumtheatre』のように、音楽レコードと共演したものもある。それはソ連時代のナツメロである。愛国ソングだけでなく、古いラヴ・ソングも聞こえてくる。「ドラム劇場は全体主義の美学的なとらえかたを示したものである」(ニコライ・ドミートリエフ)。私は個人的にこの『ATTO III: Drumtheatre』を深く愛して止まない。こちらがソ連に関する知識が少し増え、聴いたソ連の音楽の数が増えるのに応じて、このアルバムの音楽は新しい表情を見せ、鋭い刺激を放ってくれるのを楽しみにしている。  
   DVDには、カバコフとの「赤いワゴン」を皮切りとして、22のインスタレーションの記録が収録されている(ヴィリニュス、ニューヨーク、モスクワ、パリ、シュツットガルト他)。  
   ウラジーミル・タラーソフの公式ホームページ()、およびアルバム情報(Leo Records )もぜひご参照ください。  
   最後に、ATTO I から ATTO XI のラインナップを示しておきます。  
  Vladimir Tarasov
"Complete set of solo works: atto I-XI & Sound games DVD"


Long Arms Records CDLA 05071-82
Leo Records CDLR 817/828

 
 
CD-1 ATTO I: Something Has Happened Against the Marine Background
CD-2 ATTO II: Monotypes
CD-3 ATTO III: Drumtheatre
CD-4 ATTO IV: Percussion, drums
CD-5 ATTO V: Percussion, drums
CD-6 ATTO VI: A Little Piece for Children in Six Parts
CD-7 ATTO VII: Water Music
CD-8 ATTO VIII: Sonore
CD-9 ATTO IX: Aleatorische musik fur schlagzeug und roulette
CD-10 ATTO X: Le temps du repli
CD-11 ATTO XI: Last landscape
DVD SOUND GAMES: installations
   with 64-pages booklet
 
 

TOPへ戻る