homeへ戻る
「オデッサへの手紙」のtopへ戻る

オデッサ
への

手紙

024


ロシア正教関連音楽のCDについて

List of Russian Religious Chant: Orthodox Church

岡島豊樹
Toyoki Okajima

(東欧〜スラヴ音楽リサーチセンター)

 
Compiled by Toyoki Okajima

 
   ここにはロシア正教関連のCDをリストアップしてある。私は信者ではないが、ロシア正教関連音楽を聴きたいと思った理由が4つあって、積極的に聴くようになった。  
   理由の1つは、ラフマニノフが好きで、著名な「徹夜祷」に心を奪われたことがあることである。チャイコフスキイのピアノ協奏曲第1番と、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番、第3番を好んで聴いていた頃、ラフマニノフの第3番の冒頭の著名な旋律はロシア正教の聖歌と関連しているという文章を読んだ。そこで「徹夜祷」のLPレコードも買ったが、若い頃はなかなか馴染めなかった。しかし、ラフマニノフはこの曲を自分の葬儀で演奏して欲しいと遺言したが叶えられなかったという話を知って、可哀想に思い、あらためて聴いてから、だんだん愛着をもってきた。  
   理由その2は、ショスタコーヴィチの交響曲第5番を好むようになったことである。最初繰りかえし聴いた流麗壮大な第4楽章から好みが第3楽章ラルゴに移ってから、そこにロシア正教のパニヒーダ(レクイエム)が少しほのめかされていることを知った。この曲の初演(1937年)の会場では、ラルゴの演奏中、多くの人々が泣いていたという。なぜ泣いたのか、皆さんならご承知であろう。  
   理由その3は、短時間ながら、ソロフキ島の修道院の夕べの祈りに立ち会った経験である。ウラジーミル・レジツキイ(サックス奏者)が地元で開催していた「アルハンゲリスク・ジャズ・デイズ」の終演後、出演者やジャーナリストなどをこの島に案内するという恒例の行事に参加できたからである。1992年だった。復旧が始まって間もない頃であり、まだそうとう痛んだままの状態だった。お祈りの部屋には黒ずんだ板のようなイコンしかなかった。あるいは、壁に四角く黒い影のようなものがいくつかみえるのは、そこに架けてあったイコンがいつか外されたのだなと想像された。すると祈りの時間の最中に黒猫が入ってきた。それに気が付いた地元の方と思しきご婦人がしっしと追い払おうとするのをかわして、黒猫は奥座のほうへ逃げ込んだ。司祭はなにも反応しなかった。修道院からの帰り道、かぼそい猫の鳴き声が聴こえた。同行の方が道ばたに黒い子猫をみつけ、しばらく遊んだ。しかし連れて帰れないので道ばたに戻して帰った。だからなんだといわれると答えるすべがないが、とにかく今も気になる島である。ソロフキ島の修道院に伝わる聖歌が数種類のCDとなって発売されたので入手し大事にしている。  
   宗教音楽という日本語はなんだかいかめしい感じだ。しかし、振り返れば、私の子供の頃はいつも近くにお経があった。うちは日蓮宗で、毎朝、祖父が一家を代表して30分読経した。その声で私は目が覚めた。私の原初の音楽的体験はその祖父の声だろうと思う。小学校低学年の頃は、大寒の時期を選んで3週間、まだ暗いうちに叩き起こされて本覚寺へ「寒修行」に行かされた。まだ暗い中、近所の子が誘いあってお寺に向かうのである。修行といっても、小一時間ほど和尚さんと一緒にお経を唱えるだけである。うちの村に昔から続いてきた習慣であるが、義務ではなかった。ちょっと我慢すれば、みかんとか、もなかとか、まんじゅうとかをいただけた。食い意地のはった餓鬼だけがしかたなく参加していたのである。だから、今でも「むじょうじんじん みみょうのほうわ ひゃくせんまんごうにも あいたてまつることかたし」云々と、すらすらと出てくるが、まったく意味はわからないままである。  
   小さい村なので、法事には、親戚ではなくても誘いあって参列し、経を唱えたものである。それに砂糖袋とか、菓子袋とか、ささやかな礼がふるまわれるのである。うちの法事にも定期的に人が集まった。本覚寺の和尚さんが読経し、出席者は唱和し、最後は和讃で締めるというのがコースである。この和讃は、お経と違って、とてもメロディアスである。民謡風にきこえなくもない。音程は皆ばらばらでいいのである。法事にはたいてい祖母が出席し、小学校4年頃までは必ず私を連れていった。お寺の法会、講和会というのも定期的にあった。日曜日などに、名のあるお坊さんがやってきて講和をのたまわるときはかならず祖母は私を連れていった。しかし、小沢昭一さんが採取し紹介したような節談説経のような演出がかった派手な講和は聴いた覚えがない。  
   そんなこんなでお経は小さい頃の環境音のなかにかならずあった。ショスタコーヴィチやラフマニノフの世代の人たちは、小さい頃はそれと似たような環境にあったのだろうか。だからラルゴのときに、わずかなほのめかしにも鋭敏に反応し泣いてしまったのだろうか。  
   私はそんなドラマチックな経験は皆無である。しいていえば、義太夫語りを聴いているとき、お経の一節がこの節のもとにあるに違いないと感じることがときどきある。具体的にこの演目のどの部分がどの経典のどこから、なんてことを言えるわけもないが、「菅原伝授手習鑑」の「桜丸切腹の段」のラジオ放送を聴いたとき、ある部分で情調的な反応が高まったのがきっかけで義太夫を聴くようになったという経緯がある。  
   私は1991年、早稲田大学の大隈講堂でレジツキイのジャズ・グループ・アルハンゲリスクの公演をはじめてみていたとき、この音楽には果てしない思考・思索の時間とさまざまな経験という土壌から生まれたものであるに違いない、なんてことを思った。副島輝人氏から、アルハンゲリスクへいってみないか、ソロフキの修道院へも行くことになる、とお誘いを受けたとき、心情的に即決だった。  
   レジツキイたちの音楽には確かにフォークロアが重要なモチーフの1つとなっていると指摘されている。フォークロアの中の音楽をみるとき、通過儀礼、宗教的な儀礼・典礼・祝祭に附随する音楽などとの関連も切り離せないものであろう。ロシアのアヴァンギャルド・ジャズの最先端にあるレジツキイたちが、朽ちた修道院を案内することを続けてきたことに対し、より積極的に応答する方法の1つとして、私はロシア正教および正教関連音楽をできるだけ聴いてみることにした。それによって何かを解きあかしたいというのではない。ただただ、もっと近づけたらいいという思いである。  
   そして理由その4。これは、別掲の「メロディヤLPの民謡・民族音楽盤リスト」の前文でも触れたが、ウラジーミル・マルトゥイノフの存在を知ったことである。この素晴らしい作曲家による「レクイエム」は突き抜けたような明るさがある。こんなレクイエムは聴いたことがない。宗教音楽を研究しつくすとこのような明るいレクイエムに帰着するのだろうか。ちなみに、このレクイエムの主旋律は、「come in!」という、ギドン・クレーメルたちが録音したマルトゥイノフ作品(Nonsuch盤『Silencio』収載)と通底している。

(マルトゥイノフに関しては、「音楽的身体とパフォーマンス/鈴木正美」 PDFファイル/8ページ目 (2)ウラジーミル・マルトゥイノフ『ガリツィアの夜』 を参照)

 
   こんな人がいるからロシアの音楽はやめられない。  
   ではリストである。世の中に出ているこの関連のCDからすれば氷山の一角であろう。興味深いCDをほかにご存じでしたらぜひご教示ください。

 
     
 
ロシア正教関連音楽のCDリスト

 
  Patriarchal service; The orthodox singing tradition: Choir of the Laura of the Holy trinity and St. Sergius and the Moscow Theological Academy and seminary (Boheme CDBMR 907079 A, B, 2CD)
1991年モスクワのドン・スコイ修道院で録音(CD-A)。CD-B にはズナメニ他、多種のスタイルを収録: Znamenny chant, Bulgarian chant, Greek chant, Melody of the Valaam Monastry, Kievan chant 他。解説文:露英語対訳

Patriarchal Divine service; The orthodox tradition of singing: Choir of the Laura of the Holy trinity and St. Sergius and the Moscow Theological academy and seminary (Boheme CDBMR 905060 A, B, 2CD)
ニコライ2世とその家族のためのレクイエム(パニヒーダ)を収録(抜粋)。
1998年録音。CD-B には上記と同様、様々な様式を収録:Greek chant, Melody of the Kievan Laura of the Caves, Melody of the Laura of the Holy Trinity and St. Sergius, Znamenny chant, etc. 解説文:露英語対訳

God, Grant Us Patience...: A Dedication to the Family of Nikolas II / The Male choir of the Valaam Institute for choral Art (IM Lab IMLCD 040)
1996年録音。ソロフキ修道院、ヴァラーム修道院に伝わるスタイルの他、ウシャコフ、ポポフ、ニキーチン他による曲。ニコライ2世一家に捧げる編集

Ancient and Monastic Orthodox Chants: Male Choir Drevneruski Rospev; choir master, Anatoly Grindenko (Le Chant du Mnde LDC 288003)
1989年録音。16世紀、17世紀のスタイル集

The Solovki Monastery Chants : Male choir of singing culture institute "Valaam" (IM Lab IMLCD035)
1995年録音。ソロフキ修道院(ユネスコ世界文化遺産指定)に継承される詠唱。解説文:露英語対訳

Orthodox Shrines of the Russian North: Anthology - The Solovki Monastry part 1 / Male Choir of the Valaam Singing Culture Institute (RCD 29005)
1994年録音。ソロフキ修道院に伝わる曲集の第1集

Orthodox Shrines of the Russian North: Anthology - The Solovki Monastry part 2 / Male Choir of the Valaam Singing Culture Institute (RCD 29009) 2CD
1994年録音。ソロフキ修道院に伝わる曲集の第2集(2枚組)

D. Bortnyansky: Concerto for Choir: The USSR Ministry of Culture Chamber Choir; conductor, Valeri Polyanski (Melodiya SUCD 10-00002)
1987年録音のボルトニャンスキイ(1751-1825)の合唱聖歌コンチェルト集の第1集

Dmitri Bortnyansky: Sacred Choral Works / Glinka State Choir of St. Petersburg; Vladislav Chernoushenko (Teldec 4509-93856-2)
1993年録音のボルトニャンスキイの合唱聖歌コンチェルト、ヘルビムの歌、2重合唱コンチェルト。テキストの和訳付き

Russian Sacred Music / Irina Arkhipova, cond. Valery Polyansky (Melodiya SUCD10-00258)
19871990年録音。チェスノコフ、アルハンゲリスキイ、ボルトニャンスキイ、ラフマニノフの著名曲

Night Vigil: St. Petersburg Litany / Priests & Choir of the Cathedral of the Transgiguration (Grammophon 445653-2)
1994年実況録音の晩祷

Titov: La Musique Russe au XVIIIeme Siecle vol.3 (Le Chant du Monde LDC 278841)
198183年録音のティトフ(1650-1751)作品集:Psaumes, Quatre choers polyphoniques。クレジットはないが、メロディヤ原盤と思われる

With Us the God: Russian Sacred Music / The Mens Choir of th Academy of Choral Arts; conductor, Victor Popov (Polymix CD93021)
著名な正教聖歌集

In the Memory of Rev. Pavel Florensky: Praising God's Love/ Male choir of singing culture institute "Valaam" (IM Lab IMLCD065)
1996年録音。ジャケットにソロフキ修道院の写真

The Valaam Monastery Chants in the Works by Russian Composers: Male choir of singing culture institute "Valaam" (IM Lab IMLCD042)
1994年録音。サンクトペテルブルクから北へ212kmにあるヴァラーム修道院は1990年に復旧し、コーラス("Valaam")の活動も始まった。

St. Sergius on Commemoration Day of St. Sergius, Abbot of Radonezh: Choir of the Laura of the Holy trinity and St. Sergius and the Moscow Theological Academy (Boheme CDBMR 207241)
1998年の聖務の抜粋

20th Religious Singing in Moscow: Male Choir Valery Rybin (Le Chant du Mnde LDC 288012)
1990年録音。20世紀に創作された曲を収録:Alexandre Kastalski, Victor alinnikov, Pavel Tchesnokov, Alexandre Grechaninov, Ian Bourakovsky, Valery Kallistratov, Nikolai Karetnikov。解説文:露英仏独語対訳

Russian Religious Singing Through the Ages Vol.1: Early Monodic and Polyphonic Chants / The Drevnerousski Rospev Ensemble, Sirin Choir (Le Chant du Monde RUS 288093)
1989 & 1993年録音。ロシア正教のもっとも正統的とされるスタイルのいくつかを収録

Russian Religious Singing Through the Ages Vol.6: The Early 20th Century Revival: Tchesnokov / Rybin Male Choir, Boys and Men's Choir of the Moscow Chord Academy (Le Chant du Monde RUS 288098)
1990-94年録音。パヴェル・チェスノコフ(1887-1944)集

The Feasts of the Orthodox Liturgical Year Vol.2: The Ural Choir; Vladislav Novik, conductiong (Le Chat du Monde LBC 288077)
1993年録音。The Annunciation, Palm Sunday, The Ascension, Pentecost, The Transfigration, The Assumption

The Art of the Deacon in the Russian Church: live from the Moscow Festival February 1993 (Le Chant du Monde LDC 288083)
1993年ロシアだけでなく世界のロシア正教会の指導的な存在を結集したフェスティヴァルにおける実況録音

Orthodox Passion Music / Drevyerhussky Rhasspyev; octet male choir, cond. Anatoly Gryndenko (JAM CD 0491)
1988年録音。ポーランドで録音制作されたが演者はロシア人

The Church of the Russian Land; Songs from the Time of the Patriotic War (1812), Sacred Chant : The Male Choir of the Valaam Institute for Choral Art (IM Lab IMLCD 029)
1997年録音。1812年のナポレオン戦争時の愛国ソング、聖歌。ヴァラームのチャント

Kiev Christmas Liturgy: Moscow Liturgic Choir (Erato 2292-45961-2)
1992年制作。修道僧によるチャント。解説文は英仏

Basso Profondo from Old Russia: Popular and sacred Russian Songs / The Orthodox Singers male choir; Geory Smirnov (Harmonia Mundi RUS 288158)
1998年録音。Greek, Znamenny, Patriarchal といったお馴染みのメロディ・パターンの他、リヴォフ、ゴンチャロフ、チスノコフ、チャイコフスキイ他、多彩なプログラム

Russian Sacred Music; Prophecy from above (Vist MK 417034)
1991年制作。アルハンゲリスキイ、バラキエフ、グレチャニコフ、チェスノコフ、他の曲をリムスキイ=コルサコフ音楽院合唱団が。短い英文解説

Divine Liturgy for the Feast of St Peter and St Paul: The Russian Patriarchate Choir (Opus 111 OPS 30-161)
1995年録音。解説文:英仏独伊語対訳

The Rozhdestvo Choir of Solo Singers of St. Peterburg Philharmonia / Pavel Chesnokov (IM Lab IMLCD 147)
2002年録音。混声合唱によるチェスノコフ(1877-1944)曲集:有名な「The evening prayer」と「Vespers for mixed choir a capella

Ural Cossack Choir / Sacred Hymn of Old Russia (Koch-Records CD 313033)
1988年制作。ボルトニャンスキイ、アルハンゲリスキイ、リヴォフ、他の曲。日本語対訳付き(Wave発売)

The Moscow Conservatory Student Choir; Artistic director, Boris Tevlin / Russian Choir Music XIX-XX c (SMC CD 0017)
1996年制作。アルハンゲリスキイの他、コピーロフ、チャイコフスキイ、シヴィリドフ、シェドリン、プロコーフィエフも

Les Voix de la Neva / Ensemble Vocal de la Ville de St. Petersburg; Direction, Yuri Gourbo (Concertsolo CS9708)
1997年録音。混声合唱団。チェスノコフ、アレンスキイ、タネエフ、ラフマニノフ、チャイコフスキイ他。

Theatre of Choral Music: Russian Choral Music of the 17th-20th C. / The Plaint of Andrei Bogolubsky (Melodiya原盤 MK417082G)
1992年録音。いろいろ。

Russian State Symphonic Cappella / Bortnyansly: Sacred Concertos volume 1 (Chandos CHAN9729)
1989-90年録音。ヴァレーリイ・ポリャンスキイ指揮。Sacred Concert no.1-no.9.

Russian Sacred Music of XIX-XX Centuries: We Hymn Thee (Konevets RLCD012)
1391年建立のコネベツ修道院にて環境音そのままに録音

Russian Patriarchate Choir: Art director, Anatoly Grindenko / Russian Christmas (Opus 111 OPS30-128)
1998年制作。16-17世紀修道院のレパートリー:Vigil of the Nativity of Christ

The Angel Cried: Sacred Choral Music from Russia / St. Petersburg Chamber Choir; Conductor, Nikolai Korniev (Philips 454461-2)
1995年録音。カリンニコフ、チェスノコフ、グレチャニコフ、シヴェードフ、チャイコフスキイ他の作品

Cantus Chamber Formation / God Is With Us (Gega GD 118)
1991年録音。ブルガリアの合唱団だが、ボルトニャンスキイ、チェスノコフの曲も収録

Aufsteige Mein Gebet: Fruhesto Tonaufnahmen Russischer Kirchenmusik vor 1917 (Seven Seas キング KICC5712)
革命前の録音(
1910年前後)。モスクワ視覚障害者学校聖歌隊、ロシア・トリオ、モスクワ救世主大聖堂聖歌隊、他

Russian Chants: Russian Easter Liturgy / Moscow Liturgic Choir: Father Amvrosy (Warner Classic: Apex 2564601632) (Erato 4509-99605-2)
1992年録音。ロシア正教の復活祭の典礼の抜粋。同内容2種。ジャケ異なる

Byzantine Music of the 6th-15th C.; Music of Early and Muscovite Russia of the 15th-17th C / Madrigal (Melodiya SUCD10-00276)
1988年録音。6世紀から15世紀のビザンチン宗教音楽、南スラヴの音楽、15世紀から17世紀にかけてのロシアの正教音楽

Russian and Ukrainian Christmas Carols (Boheme CDBMR201228)
1986-87年録音。ウクライナの村に伝わるクリスマス・キャロルを地元の人たちが歌い演奏

Sirine Ensemble / Putnik: Russian Pilgrims (Opus 111 OPS30-267)
1999年録音。正教の詠唱、キャロル風の曲、他? 聖歌の旋律的影響が強い民謡と思われる(?) 2曲目に要注意

Vladimir Genin: The Plaint of Andrei Bogolubsky, Great Prince of Vladimir (RCD 16616)
1989年録音。ソリストと合唱のための奇跡劇。テキストは歴史文書と民話にもとづいている

Fragments: Theatre of Voices / Paul Hillier (harmonia Mundi USA 907276)
2000年録音。イタリア、ギリシア、イギリス、フランスおよびロシアのポリフォニー聖歌を比較

A. Vedel: Choral Concertos No.1-7: The Kiev Lyatoshinsky Chamber Choir; Victor Ikonnik (Melodiya SUCD10-00268)
1987年録音、ウクライナのヴェデル(1767-1808)の合唱コンチェルト集

Treasures of the Ukrainian Choral Music / The Kiev Lyatoshinsky Chamber Choir, The Kiev Cinservatoire Students' Choir (Melodiya SUCD 10-00280)
1972年、1986年録音。ヴェデルのほか、ベレゾフスキイ、ボルトニャンスキイ、スコヴォロダの曲を収録

Canticles od Leningrad: A Sacred Choral Concert / The Choir of the Leningrad Metropolinate Academy and Seminary (Art & Electronics)
1989年レニングラードにおける聖歌演奏会の実況録音。日本盤「聖なるロシアへの賛歌:ロシア聖歌の歴史をたどる」

Konstantin Shvedov1886-1954: Liturgy of St.John Chrysostum / Leningrad Chamber Choir; conductor, Nikolai Kornev (Melodiya SUCD11-00318)
シヴェドフ作曲。
1988年録音

Konstantin N. Shvedov: Liturgy of St.John Chrysostum / Slavyanka Men's Chorus; dir. Alexei Shipovalnikov (Harmonia Mundi 907105)
シヴェドフ作曲。
1993年録音

Christian Russia is a Thousand Year Old: Singing at lent and Passion Week (Ness Music NS 886069)
キエフ=ペチャエルスキイ修道院の詠唱他、いろいろ収録

Russian Orthodox Church Music: The Choir of Alexandre Nevsky Cathedral, Paris (Brilliant 7656) 2CD
1967年録音(パリの正教教会)

 
  チャイコフスキイ/グレチャニノフ  
  Tchaikovsky: Liturgy of St. John Chrysostum, Gretchaninov: Vespers / National Choir of the Ukraine "Dumka" (Brilliant 99762, 2CD)
2001年録音

Tchaikovsky: Russian Choral Music; Liturgy of St. John Chhrysostom / USSR Ministry of Culture Chamber Choir; cond. Valery Polyansky (Melodiya: BMG 4321251862)
1986-87年録音

Tchaikovsky: Liturgy of St. John Chhrysostom / Choer Academique Glinka de leningrad; cond. Vladislav Tchernushenko (Audiphile Classics APL 101.510)
1980年録音か?

 
  ラフマニノフ/Vespers  
  USSR Ministry of Culture Chamber Choir: cond. Valery Polyansky / Rachmaninov: Vespers (Melodiya/BMG 74321251882)
1986年録音の著名盤

St. Petersburg Chamber Choir; conductor, Nikolai Korniev / Rachmaninov: Vespers (Philips 442344-2)
1993年録音。日本盤も(日本語解説、詩句和訳あり)

USSR Academy Russian Chorus; conductor, Alexander Sveshinikov / Rachmaninov: Vespers (Melodiya原盤/ビクターVICC-2154)
1958年録音の著名盤。日本語解説、詩句和訳あり

Academy od Choral Art; cond. Victor Popov / Rachmaninov: Vespers (Polyart RC-034)
1996年制作

Cappella de Saint-Petersbourg: dir. Vladislav Tchernouchenko / Rachmaninov: Vespers (Le Chant du Monde CMX388050)

 
  ラフマニノフ/Liturgy of St. John Chrysostom  
  Moscow Chamber Choir: Conductor, Vladimir Minin / Rachmaninov: Liturgy of St. John Chrysostom (Melodiya/BMG 74321-25187-2)
1988年録音。英文解説

Divine Theatre: Religious Opera in the Russian Church / Russian Patriarchate Choir; Anatoly Grindenko (Naive OP30302)
2000年録音。正教の詠唱によるオペラ仕立て

 
  現代の一例  
  Rodion Shchedrin: The Sealed Angel / The Moscow Chamber Choir; Cond. Vladimir Minin (Melodiya SUCD 10-00004)
1989年録音。シチェドリン作、無伴奏混声合唱とフルートのための「封印された天使」(レスコフ原作、教会スラヴ語)

Vladimir Martynov: Stabat Mater, Requem; Opus Posth Ensemble, Sirin & Alkonost Choir, Tatiana Grindenko (Long Arms CDLA 03031)
20022003年録音。現代ロシアを代表する作曲家マルトゥイノフの作品

 
  関連の他国のキリスト教音楽  
  Armenian Spiritual Music of the 5th-13th Centuries / Tagaran; Ensemble of Early music of Armenia (Melodiya SUCD10-00265)
1990年録音

Romanian Byzantine Hyms and Chrystmas Carols / Choir of the Romania Patriarchate; Iulian carstoiu (Electrecord ELCD101)
1982年録音、ルーマニア総主教区聖歌隊

Serbian & Bulgarian Religious Chants / Rybin male Choir: choirmaster, Valery Rybin (Le Chant du Monde RUS 288087)
1993年録音。セルビア正教、ブルガリア正教の曲集。同趣向のLPとして『Liturgical Chants of the Ballkan Slavs(Balkanton BXA1448) がある

Romanian Madrigal Chamber Choir (UNESCO ELCD131)
196970768090年録音、ビザンチン時代から現代のルーマニアに伝わるマドリガルとキャロル集

Bulgaria: Church Music; Yoan Kukuzek-Angeloglasniyat Chamber Ensemble (Gega GD101)
ブルガリアの教会音楽集。しかし、チェスノコフ、ボルトニャンスキイ、ヴェデルの曲も

Cantiques del'orient / Soer Marie Keyrouz & L'ensemble de la paix (Harmonia Mundi HMC901577)

Weihnachten im Heiligen Land (日本盤:聖地のクリスマス音楽) (Grammophon/ポリドールPOCG-9832
1967年録音。ベツレヘム生誕教会の鐘に始まり、ローマ・カトリック、ギリシア正教会、エチオピア教会、ギリシア・カトリック教会、アルメニア教会、コプト教会、古シリア教会、マルナイト教会などの聖歌を紹介

Le Temps des Legendes: Byzance, France, Italie, Flandres, Espgne, Russie (pus 111 OPS 3000)

Byzantin Music of the Greek Orthodox Church vol.1; Hyms of the Vespers and the matins (Zorba CZ1)

Byzantine Music: The Greek Orthodox Church vol.6; The Akathist Hym A' Ave Maria vol.6 (Zorba CZ6)
ギリシャ正教。充実解説のシリーズ

Grece: Musique sacree byzantine; Grand Chant octotonal a la Vierge / The Theodore Vassilikos Ensemble (Ocora / キングKICC5403)
日本盤:ギリシア正教の祈り〜ビザンチン・チャント。ヴァッシリコス・アンサンブルによる続編(
Grece: Musique sacree byzantine vol.2)のLPのほうがよりアトラクティヴ(Ocora 558530)

Hymn of the Greek Orthodox Church(ビザンチン幻想) (ビクターVICG5346)
1993年アテネ、聖ミナスの祝祭日の聖歌

 
     
 
List of Russian Religious Chant: Orthodox Church

Compiled by Toyoki Okajima

 
 

TOPへ戻る