homeへ戻る
Seeing is Believingtopへ戻る

 Seeing is Believing  若林 恵
 Kei Wakabayashi


004
2005 ノルウェー・ジャズ・ウィーク

2005. 4. 8

     
   見てきちゃいました! ポール・ニルセン・ラブ。アトミックのライブに先だって行なわれた即興セッションは、八木美知依さんの琴とアトミックの盟友インゲブリクト・ホーケル・フラーテンの3人によるもの。
 
   11時をまわった金曜日のスーパーデラックス。セット3人が着くやいなや、頭のなかのキューを受けていきなりトップ・ギアで走り出したポールに、のっけからぶっ飛んだ。一度アトミックを見たことで、すっかり見た気になっていたけれど、至近距離で見るといやはや凄まじい。ドラムというより、達人による棒術を見ているかのようで、矢継ぎ早に繰り出される技はまるで速回し。そのスピードたるや「マトリックス」を優に超えている。そして、そのスピードを実現する恐るべき反射神経。加速すればするほど透明になっていく音群。そこに形式は、もはやない。耳と脳と躯が一体となって行なう恐るべき神経系の交感があるばかりなのだ。これを見てしまったら、もはや他の音楽は「音楽という形式」をなぞったものにすぎない、とさえ思えてくるほどだ。
 
   このドラムに見事に呼応する勝手しったるベーシストの力量にも空恐ろしいものを感じるが、ひるむことなく積極果敢にこの化け物のようなふたりに仕掛けていった八木さんの勇気も素晴らしかった。
 
   まずは、唖然とし、次第に可笑しくなって、そのうち怖くなって、最後には泣きそうになった。このライブを見逃したすべての人を哀れみたくなる、そんな「体験」だった。
 

TOPへ戻る