homeへ戻る

セルゲイ・レートフ週間
in 東京

2011126日〜11

1956年、スターリン批判がなされた年に旧ソ連で生まれたセルゲイ・レートフは、80年代に入りモスクワを地盤に音楽活動を本格化しました。ペレストロイカ(改革)が始まる前から一貫して、即興音楽を主体にして、前衛的な表現を続けてきた人物です。(各種サックス他のマルチ管楽器奏者、作曲家)

◆表現活動に対する規制が多かったというソ連時代にあって、公式/非公式の枠を超えて自由に活動しました。活動のフィールドも、ジャズ、現代音楽、ロック、パンク他の多彩な音楽フィールドだけでなく、文学、演劇、映画、絵画等の前衛とも親密に付き合い共演してきました。そのスタンスは今も変わりません。

◆セルゲイ・レートフのトーク、演奏に接することはソ連・ロシアのアヴァンギャルド・アートにじかに触れることであると言っても過言ではありません。

◆今回は、新潟大学における公開研究会「ソ連非公式芸術とジャズ文化」(123日)を始めとする学術研究会・講演および交流のために来日します。すでに数度の来日で交流したジャズ・ミュージシャンからの希望で都内各所にて、友情共演ライヴも予定されています。ぜひ足をお運びください。


◆関連項目:ジャズ、ロック、現代音楽、ロシア新アヴァンギャルド、セルゲイ・クリョーヒン、ポップ・メハニカ、トリ・オー、ガネーリン・トリオ次世代、マルク・ペカルスキー、ソフィア・グバイドゥーリナ、ソ連非公式芸術、KGB、サイレント映画、タガンカ劇場、マラー/サド、モスクワ・ペトゥシキ、ミハイル・スホーチン、ドミトリー・プリゴフ

ミュージサーカス関連記事
「オデッサへの手紙
017/岡島豊樹」
インタヴュー:<現代ロシア・アヴァンギャルド・ジャズの核心>
セルゲイ・レートフ ソ連〜ロシア前衛アート・シーンの
20年を語る


【新潟Days123日& 4

 

123(土曜日)
新潟大学人文学部主催
公開研究会
「ソ連非公式芸術とジャズ文化」
場所:新潟大学・新潟駅前南キャンパス「ときめいと」(ジュンク堂の
2階)
時間:午後
1時開始

報告:セルゲイ・レートフ、木村英明、梅津紀雄、岡島豊樹
司会:鈴木正美
入場無料(一般来聴歓迎)
問い合わせ(メール):
masami の後に @human.niigata-u.ac.jp をつけてください。


124(日曜日)
左記関連公演
「ロシアから即興の風が吹いてくる 2」
場所:砂丘館
時間:午後
2時、5時の2

出演:セルゲイ・レートフ(サックス)、堀川久子(舞踏)、河崎純(コントラバス)、鈴木正美(クラリネット)
入場無料
問い合わせ(メール):
masami の後に @human.niigata-u.ac.jp をつけてください。

【東京Week126日〜11

 

126(火)
夜:Live
荻窪:ベルベットサン
19:30開場、20:00開演

SXQ+ゲスト:セルゲイ・レートフ(サックス)
SXQ:松本健一(ss)、立花秀輝(as)、藤原大輔(ts)、吉田隆一(bs)、木村昌哉(ts & ss)]

杉並区荻窪
3-47-21 サンライズ ビル1F
http://www.velvetsun.jp/main.html

127(水)
夜:
Live
西荻窪:音や金時
19:30開演

向島ゆり子(
vl)、石川 高(笙)、関島岳郎(tuba)+ゲスト:セルゲイ・レートフ(サックス)

杉並区西荻北
2-2-14 喜志コーポ B1
TEL: 03-5382-2020

http://www2.u-netsurf.ne.jp/~otokin/

128(木)
昼:埼玉大学で講演
夜:
Live/渋谷:Bar Isshee
20
時開演

梅津和時(サックス他)、坂田明(サックス)+ゲスト:セルゲイ・レートフ(サックス)

渋谷区宇田川町
33-13 楠原ビル4
TEL080-3289-6913
http://isshee.at.webry.info/

129(金)
昼:早稲田大学で講演
夜:
Live/入谷・鴬谷・浅草:なってるハウス
1930開場、20:00開演

原田依幸(ピアノ)+ゲスト:セルゲイ・レートフ(サックス)

東京都台東区松が谷
4-1-8 1F
TEL: 03-3847-2113

http://members.jcom.home.ne.jp/knuttelhouse/info.html

1210(土曜日)
Talk & Live
渋谷:アップリンク
19:00開場/19:30開演
セルゲイ・レートフ来日記念 『ロシア・ジャズ再考/復活祭』
Talk:鈴木正美(ロシア・ジャズ研究家)、岡島豊樹(東欧〜スラヴ音楽リサーチ・センター)+ゲスト:セルゲイ・レートフ/通訳:上田洋子
Live:構成:河崎純(コントラバス) 演奏:a' qui avec Gabriel(アコーディオン)、立岩潤三(パーカッション)+ゲスト:セルゲイ・レートフ(サックス) /パフォーマンス・映像:「いまからここで」

予約メール「
factory@uplink.co.jp
1)お名前、(2)人数[一度のご予約で3名様まで]、(3)住所、(4)電話番号、以上の要項を明記の上、件名を「予約 12/10 ロシアジャズ再考/復活祭」としてお申し込み下さい。

東京都渋谷区宇田川町
37-18 トツネビル2
TEL.03-6821-6821
http://www.uplink.co.jp/

1211(日曜日)
夕刻より:Talk & Live
吉祥寺:サウンドカフェ・ズミ
16:30開演
ポスト・クリョーヒン・スタディーズ(特別編)〜ロシア前衛音楽の歴史と現在をレートフが語る〜 ミニライヴ付き

Talk:セルゲイ・レートフ+進行:鈴木正美、岡島豊樹
ミニ
Live:セルゲイ・レートフ(サックス)、パール・アレクサンダー(コントラバス)、他

予約:メール「 event@dzumi.jp
(イベント名をポスト・クリョーヒンとしてお名前、人数、連絡先をご記入ください)

<終演後、翌日帰国のレートフ氏の歓送会開催(有料)>

武蔵野市御殿山
1-2-3 キヨノビル7F
 (1Fはスリアというヨガグッズ店)
TEL0422-72-7822
http://www.dzumi.jp/info.html

TOPへ戻る