homeへ戻る


rovamimi returns
circumstances, environment, world, family



rovamimi returns
circumstances, environment, world, family



rovamimi returns
circumstances, environment, world, family


  多田雅範
Masanori Tada
ロヴァの耳 


あらゆることは記録されなければならない。さもなくば総てが失われる。
(ユダヤの古い諺)

no.
subject
update
038
「ニセコロッシ JAPAN 2015 2016.2.27
037
「ニセコロッシ JAPAN 2014 2015.5.31
036
三善晃 作品展
  20081018日(土)‐19日(日) 各開演16:00
  東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル
2014.3.23
035
東京都交響楽団 第657回定期演奏会Bシリーズ<日本管弦楽の名曲とその源流・6>
  2008年1月25日(金) 19:00 @サントリーホール
2014.3.23
034
「ニセコロッシ JAPAN 2013 2014.3.23
033
「ニセコロッシ JAPAN 2012街角曲がって 2013 2013.4.7
032
「ニセコロッシ JAPAN 2011 2012.2.28
031
「ニセコロッシ JAPAN 2010 2011.1.30
030
ニセコロッシ・コンサート・ツアー vol. 18 (全文復刻掲載)

084>「二日酔い状態のファジル・サイ」
日本フィルハーモニー交響楽団第
622回定期演奏会

085>「笹久保伸の軽やかさは高橋悠治の軽やかさ」
笹久保伸(ギター) ライブ・イン・ロゴバ

086>「素朴だといえば素朴なのか伝統芸能のわざ」
モスクワ・クァルテット 〜グランプリ・コンサート2010〜

087>「第3楽章には感動したのだが・・・」
日本フィルハーモニー交響楽団第
625回定期演奏会

088>「逃れられないベートーヴェンの偉大さが刻印されたブラームス1番」
東京都交響楽団 プロムナードコンサート
No.341

089>「オケの響きを透視するように現れた響紋のかごめかごめ」
NHK東京児童合唱団第39回定期演奏会

090>「渋谷・市野・外山のトリオを目撃せよ!」
「王政復古」

2011.1.10
029
ニセコロッシ・コンサート・ツアー vol. 17 (全文復刻掲載)

080>「チェロ奏者を超えたリプキンの存在感は20年前のメセニーのようである」
レオシュ・スワロフスキー指揮 スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団

081>「会場が息をのんだミカエラ役の浜田理恵さんの歌唱」
オペラ『ジョルジュ・ビゼー:カルメン』

082>「圧倒的!井上道義の伊福部とストラヴィンスキー」
日本フィルハーモニー交響楽団 第
621回定期演奏会

083>「日本の梅雨の時期の雨の歌は湿気の影響なのかぬるいだけの演奏に」
エリック・シューマン ヴァイオリン・リサイタル

2010.8.1
028
ニセコロッシ・コンサート・ツアー vol. 16 (全文復刻掲載)

078>「京都の地での涅槃を聴きにはるばるやってきて、おれ、寝るかー!」
〜祈り〜 京都仏教音楽祭
2010
1部:「音楽で辿る仏教伝来の道-印度から日本へ-
2部:「黛敏郎 仏教音楽の精華」

079>「作曲家川島素晴の才能におののく」
吹奏楽による奏楽堂の響き3

2010.6.12
027
ニセコロッシ・コンサート・ツアー vol. 15 (全文復刻掲載)

071>「ヴァイオリンの最高峰は彼女だ!」
イザベル・ファウスト
バッハ無伴奏 ヴァイオリン・リサイタル

072>「マッジャーの弾くリゲティ“12のエチュード”をぜんぶ聴いてみたい」
アレキサンダー・マッジャー・ピアノ・リサイタル

073>「エネスクに到来した音楽の稀有な美しさ」
原佳大とウィーンの仲間たち
原佳大
/ジュゼッペ・マリオッティ/長松谷幸生による2台ピアノ・リサイタル
ハンス・グラーフ教授没後15年によせて 賛助出演:水谷直子

074>「これぞ、日本のコンサートだ」
日比谷公会堂 開設80周年事業 「あのときの感動を再び」

075>「おじいちゃんだけどまったく健在であるチッコリーニ」
ジ・アート・オブ・アルド・チッコリーニ
第2夜:協奏曲

076>「B級の現代音楽作曲家にしか聴こえなかったヴィヴィエ」
アンサンブル・ノマド第
37回定期演奏会
時代を創造するパイオニアたち
Vol.3 〜クロードの夢:クロード・ヴィヴィエ特集〜

077>「圧巻だったホルンのバボラークとラストのショパンで決めた小菅」
小菅優の現在
Vol.1 デュオ&トリオ

2010.4.18
026
「ニセコロッシ JAPAN 2009 2010.2.20
025
ニセコロッシ・コンサート・ツアー vol. 14 (全文復刻掲載)

066>「さすがはオペラの開祖、不倫達成の不条理感にカタルシス」
新国立劇場コンサート・オペラ
モンテヴェルディ『ポッペアの戴冠』(
L'Incoronazione di Poppea

067>「アイヒャーは彼らのこのコンサートをECMで出すべきだ」
超越する音
Time, Sound, and Transcendence
鈴木俊哉
×ガース・ノックス

068>「ルービックキューブの早業を見せられている以上の感興に至らないのはなぜだ」
佐藤俊介 無伴奏ヴァイオリン・リサイタル

069>「野田暉行とバッハをカップリングでCDにしてほしい」
片岡綾乃 パーカッション・リサイタル(東京オペラシティリサイタルシリーズ
BC バッハからコンテンポラリーへ no.113

070>「アファナシエフは、アファナシエフを模倣していた、そのことに飽いていた」
ヴァレリー・アファナシエフ ピアノ・リサイタル 音楽劇『展覧会の繪』

2009.10.26
024
ニセコロッシ・コンサート・ツアー vol. 13 (全文復刻掲載)

061>「やさぐれた鉄人エル=バシャにタイガーマスクを観る」
アブデル・ラーマン・エル
=バシャ ピアノリサイタル

062>「シューベルトのグレートに出直しを命ぜられるおいら」
東京ニューシティ管弦楽団 第
61回定期演奏会

063>「旧来の世界にヒビがはいるような高橋アキのシューベルト D960
高橋アキ ピアノ・ドラマティック
VI:シューベルト三大遺作ソナタを弾く!

064>「フランス音楽を演奏するテクネーの真髄」
ガブリエル ピアノ クァルテット日本公演

065>「寺嶋陸也プレイズ・ペルト・フラトレス」
米谷彩子ヴァイオリンリサイタル

2009.10.26
023
ニセコロッシ・コンサート・ツアー vol. 12 (全文復刻掲載)

056>「イシドロ=ゴルトベルクはフラメンコなのだ」
トリフォニーホール≪ゴルトベルク変奏曲≫
2009
イシドロ・バリオ

057>「詩人小熊秀雄とサパティスタ民族解放軍副司令マルコスに出会う」
新しいうたを創る会 第
14回演奏会
〜出遭いつむがれる声の種々相〜

058>「カンペキな凱旋公演は二期会のおばさまたちをノックアウト」
紀尾井の室内楽
vol.14
藤村実穂子リーダー・アーベント
〜ドイツ・ロマン派の心をうたう〜

059>「山海塾初体験を解釈ゲームの矮小化から開放しなければ>自分」
『金柑少年』
演出・振付・デザイン 天児牛大(山海塾)

060>「一瞬みせた福田進一を上回る官能」
益田正洋ギター・リサイタル(東京オペラシティリサイタルシリーズ
BC バッハからコンテンポラリーへ no.111

2009.7.30
022
ニセコロッシ・コンサート・ツアー vol. 11 (全文復刻掲載)

051>「折り紙つきのモーツァルト弾きに途方に暮れてしまう」
紀尾井の室内楽
vol. 13
菊池洋子 モーツァルト ピアノ・ソナタ全曲演奏会 第1

052>「小澤洋介と仲間たちが聴きたい」
クライネス・コンツェルトハウス
op.26 「弦楽合奏団の夕べ」

053>「ECMはロバノフを捕獲しシュニトケ作品集を制作せよ」
ミハイル・シモニアン・ヴァイオリン・リサイタル
ミハイル・シモニアン(ヴァイオリン) ヴァシリー・ロバノフ(ピアノ)

054>「ありなんですか」
上杉春雄
バッハ平均律全曲演奏会
Vol.2

055>「世界は上原に陶酔している」
上原彩子 ピアノ・リサイタル

2009.3.1
021
  musicircus presents rovamimi award top 10 discs” 改め
「ニセコロッシ JAPAN 2008
2009.1.15
020
ニセコロッシ・コンサート・ツアー vol. 10 (全文復刻掲載)

046>「芸術の秋の大運動会を応援しに」
NECコミュニティコンサート クラシック in 芸術の秋
独奏:黒川侑(ヴァイオリン) 管弦楽:日本フィルハーモニー交響楽団 指揮:高関健

047>「皇太子と聴いた奇跡のイザイとフランクとドビュッシー」
デビュー
20周年シリーズ II 竹澤恭子ヴァイオリン・リサイタル 〜フランス珠玉の名曲〜

048>「6にんのピアニストを聴き児玉とジュジアーノに音楽の神さまを視る」
ルネ・マルタン・プロデュース
2008
『ル・ジュルナル・ド・ショパン(ショパンの音楽日記)』

049>「さすがだ・・・」
イェルク・デームス
80歳バースデー・ピアノ・リサイタル 〜傘寿を祝って〜

050>「ブラボー!(井上道義とドゥダメルの世界制覇の予兆)」
グスターボ・ドゥダメル指揮 シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネ
ズエラ(
SBYO

2009.2.1
019
ニセコロッシ・コンサート・ツアー vol. 9 (全文復刻掲載)

041>「プログラムが意図したバッハを参照点としたラヴェルの革命性」
金澤希伊子リサイタル
ラヴェル ピアノ音楽の極地 独奏曲全曲演奏会(全
3回) 最終夜
ズエラ(
SBYO

042>「猿谷紀郎のファイバー・オブ・ザ・ブレスが放った弦群と速度は圧巻」
サントリー音楽財団コンサート 作曲家の個展
2008 猿谷紀郎

043>「ぼくたちって楽しいですよねという抑圧について」
12回 相曽賢一郎ヴァイオリン・リサイタル2008
相曽賢一郎(Vn)、江口玲(Pf)、中村明一(尺八)、安田謙一郎(Vc

044>「フラッカーロのテノールはこの東京公演で大関昇進を果たした」
20082009シーズン オープニング公演 オペラ
プッチーニ 『トゥーランドット』
指揮:アントネッロ・アッレマンディ 演出:ヘニング・ブロックハウス

045>「万全の沼尻竜典にそれでも望んでしまいたい一瞬の閃き」
日本テレビ 「深夜の音楽会」公開録画
読売交響楽団 指揮:沼尻竜典 ソプラノ:大岩千穂

2009.2.1
018
おやじカンタービレ vol. 8 (全文復刻掲載)

036>アプサラス 第1回演奏会
松村禎三(
1929-2007) 室内楽作品展
読売交響楽団 指揮:沼尻竜典 ソプラノ:大岩千穂

037>「オールドロックに比するパンクの登場のようなベートーヴェンの革新性を聴く」
東京ニューシティ管弦楽団 第
57回定期演奏会
“ベートーヴェンの新世紀(
2)” 「革命の時代と音楽の革命」【ピリオド奏法による】

038>「ホールに暴風雨を起こした廣瀬量平のヴァイオリン協奏曲」
「現代日本のオーケストラ音楽」 第
32回演奏会
指揮:秋山和慶 東京フィルハーモニー交響楽団

039>「われ作曲家キュイとソプラノ平山恭子を発見せり!」
二期会ロシア歌曲研究会 第
12回定期演奏会
ロシア五人組

040>「忘れてはならない人間と時代状況の証言を背後に響かせる音楽」
柴田南雄の遺したこと
SHIBATA Minao19161996memorial concert
〜没後12年メモリアルコンサート〜 後期の室内楽と合唱曲

2008.12.9
017
おやじカンタービレ vol. 7 (全文復刻掲載)

031>「ラスト数秒の魂を浄化するようなドビュッシー・トーンの存在に痺れる」
コンサート・オペラ 歌劇『ペレアスとメリザンド』
芸術監督、指揮:若杉弘 東京フィルハーモニー交響楽団

032>「フルート奏者としての実力を見せつけた黒田育子」
「和の響き」 黒田育子&伊藤耕司 フルート&チェロ ジョイントリサイタル

033>「有名人を足し算すれば必ずしも勝てない巨人のようなちぐはぐさかな」
オリヴィエ・メシアン生誕
100年 メシアンが残してくれた音楽
堀米ゆず子(
vl) チャールズ・ナイディック(cl) 辻本玲(vc) 野平一郎(p) [ゲスト]谷川俊太郎

034>「松平頼則を現代に響かせた木ノ脇と井上の鬼気迫る演奏」
101年目からの松平頼則 I
日本音楽史上の奇蹟・松平頼則を聴く 〜新古典作品から前衛作品まで〜

035>「イタリア協奏曲で起こった予期せぬ感動は演奏者の関知しない場所で起こっていたのか」
室井摩耶子トークコンサート 「音楽を聴きたいって何なの?」第
19
〜壮大な音の殿堂“バッハの真髄”〜

2008.10.12
016
おやじカンタービレ vol. 6 (全文復刻掲載)

026>「リコーダーをコンチェルトの主役を張れるところまで持ってきたラウリン」
目白バ・ロック音楽祭
2008 ダン・ラウリン(リコーダー)
花鳥風月〜リコーダーによるヴィヴァルディ《四季》

027>「日本のスタンダードを担ったリスト弾きによるドビュッシーとシューベルト」
渡辺健二 ピアノ・リサイタル

028>「グールドスタンダードを40ねんぶりに更新するシェプキンの歴史的ゴルトベルクを聴く」
セルゲイ・シェプキン(ピアノ)
アンコール ゴルトベルク変奏曲

029>「前衛チャンピオンは75さいになっても飛び跳ねて指揮をしたい心優しくお茶目なおじいちゃんになりましたとさ」
665回 東京都交響楽団定期演奏会

030>「音楽的な成果として弦楽と浄瑠璃をスコアにまとめた三宅一徳の手腕を掲げたいと思います」
宮本文昭プロデュース
II 〜人形浄瑠璃×クラシック〜

2008.10.12
015
おやじカンタービレ vol. 5 (全文復刻掲載)

021>「おれにとっては新イタリア合奏団が単独で演奏したロッシーニがすべてだった」
新イタリア合奏団
with 高嶋ちさ子(vln)& 曽根麻矢子(cemb)& 高木綾子(fl

022>「判定不能だった現代音楽」
Ex.8 「双子座三重奏団&エクスドット」ツインライヴ

023>「オランダの合唱指揮者ダイクストラの日本デビューは成功かつ企画に疑問符」
3回 目白バ・ロック音楽祭
吟遊詩人とワーグナー&シベリウス

024>「はたして菅野以上にメシアンを弾けるピアニストはいるのだろうか」
菅野潤 ピアノ・リサイタル
メシアン生誕
100周年記念 幼子イエスズに注ぐ20のまなざし 全曲演奏[第1回]

025>「椿姫が恋に堕ちた謎に迫るような演技をわたしは観たかった」
20072008シーズン オペラ
ヴェルディ 『椿姫』 指揮:上岡敏之

2008.7.27
014
おやじカンタービレ vol. 4 (全文復刻掲載)

016>「レーベンクロフトと小澤の放つ演奏にはヨーロッパで日常的に楽しまれている音楽の受容される空気が満ちている」
小澤洋介 チェロ・リサイタル

017>「1曲目に黛敏郎を持ってきたチェリスト宮田大の戦慄の第一歩」
(財)ソニー音楽芸術振興会創設“齋藤秀雄メモリアル基金賞”受賞記念
宮田大コンサート
with ジュピター・カルテット・ジャパンの仲間たち

018>「教養として説明されることを目的にされたドビュッシーの端正な響きを受信する」
青柳いづみこ ドビュッシー・シリーズ ふたたび
in 2008
2回「ドビュッシーとパリの詩人たち」

019>「力量のあるソリストが集結したクヮトロ・ピアチェーリが現代を横断して取り上げる弦楽四重奏曲の数々に要注目」
クヮトロ・ピアチェーリ第
4回定期演奏会 〜ショスタコーヴィチ・プロジェクトIV

020>「ブラームスに言いたい、浮かれモードで不手際でもったいないで余計な第7楽章、を、責めることにします」
日本フィルハーモニー交響楽団 第
600回定期演奏会
指揮:ジャンルイジ・ジェルメッティ
菅英三子(
S)、河野克典(Br)、合唱:日本フィルハーモニー協会合唱団

2008.7.3
013
おやじカンタービレ vol. 3 (全文復刻掲載)

011>「この響きを知ってしまった耳は金沢を想い定期的に旅行しなければならなくなるだろうに」
オーケストラ・アンサンブル金沢 第
24回東京定期公演
指揮:井上道義

012>「舞台、歌手、指揮、オーケストラ、すべて一級品が揃ったオペラという芸術を初体験しました」
オペラ ヴェーバー 魔弾の射手

013>「BACHと綴られる大きな書体は、パーツがすべて中野の顔で出来ていて声を上げてスイングしている」
日本テレマン協会創立
45周年記念 第181回定期演奏会
中野振一郎チェンバロ協奏曲大全
第一集:
J.S.バッハのチェンバロ協奏曲

014>「晩年のシューベルトにおいらなりに感じ入った一夜」
堀米ゆず子の室内楽
I 〜シューベルト晩年の深奥〜

015>「オール・ベートーベン・プログラムの日本ツアーで未来にバトンを渡すゲルバーを視る」
ブルーノ=レオナルド・ゲルバー ピアノ・リサイタル

2008.7.3
012
おやじカンタービレ vol. 2 (全文復刻掲載)

006>「カラフルなメシアンでさらなる次元のピアニズムを胎動させている」
児玉桃ピアノリサイタル〜メシアン生誕
100年を記念して〜

007>「クロード・ヴィヴィエ(19481983)というカナダ生まれの現代音楽作曲家の作品におののく」
アンサンブル・ヴィヴォ
2008
Ensemble Vivo 2008 Creative Works in 20th
21th Century European Tendency

008>「映像的である響きを印象付け新しい聴衆を獲得した三善作品と読む」
469回 読売日本交響楽団定期演奏会
(オリジナル・テキスト消失のため復刻できませんでした。 musicircus 2014.3.23.

009>「鈴木輝昭の器楽作品における古典的でありながら現代的である語法に驚愕する」
Point de Vue Vol.II 邦人作曲家の作品によるコンサート
(オリジナル・テキスト消失のため復刻できませんでした。 musicircus 2014.3.23.

010>「奇蹟の日に明治学院で鳴り響いたかけがえのないマタイ受難曲」
明治学院バッハアカデミー第
47回定期演奏会
明治学院チャペル改修記念
マタイ受難曲 指揮:樋口隆一
(オリジナル・テキスト消失のため復刻できませんでした。 musicircus 2014.3.23.

2008.6.8
011
おやじカンタービレ vol. 1 (全文復刻掲載)

001>「息せき切って叩きあげたリンドグレーン作曲『メタモルフォーズ I』の躍動」
竹原美歌パーカッション・リサイタル
(東京オペラシティリサイタルシリーズ
BC バッハからコンテンポラリーへ)

002>「プロの合唱団は指揮者を見なくても日々の公演日程はたいへんなのだ」
東京混声合唱団第
214回定期演奏会
「三善晃+谷川俊太郎の世界
2

003>「ブレない重心で弾き切った魂のこもった情念のソナタ」
関野直樹ピアノ・リサイタル「
PASSION of SONATA

004>「プロの板前とホンモノの包丁による極上の合唱公演、材料の新鮮さは合唱団のみなさんの情熱とか楽しみとか熱意だ」
女声合唱団 彩
女たちのシアターピース「コワレタイー昭和の少女たち」(
2008年 彩委嘱作品初演)

005>「法隆寺宝物館で響いた起伏のある粗いフォルテピアノの意味とは」
高田泰治フォルテピアノリサイタル

2008.6.8
010
 『Paul Motian Trio 2000+One / On Broadway Vol. 4 or the paradox of continuityWinter&Winter2006 / 『Paul Motian Trio2000 +2 / Live at Village Vanguard, Vol.1Winter&Winter2007 2008.1.29
009
『パット・メセニー=ブラッド・メルドー/クァルテット』 2008.1.29
008
musicircus presents rovamimi award 2007 top 10 discs 2008.1.12
007
musicircus presents rovamimi award 2006 top 10 discs 2007.1.30
006
musicircus presents rovamimi award 2005 top 10 discs 2005.12.29
005
エドワード・ヴェサラの『Nan Madol 2005.12.29
004
「ロヴァ耳日記」 2003912月合併号
  1.デヴィッド・シルヴィアンはグローバリゼーションに加担する
  2.あがた森魚×田中泯
2003.12.10
003
「ロヴァ耳日記」 2003年8月号
  QUEEN/あがた森魚/三枝夕夏/新日本紀行
2003.9.6
info 005
第2回 Pinpoint Live「高田 渡」〜928日(日)下北沢アレイホール 2003.8.26
002
2003年7月号
  夏休みはもう終わり
2003.8.14
info 004
当サイトが執筆する CDジャーナル誌2003年6月号
  レーベル研究『ECMレーベル』
2003.5.16
info 003
緊急告知 『平井庸一クール・ジャズ』
  526日新宿ピットイン昼の部は、“2ベース+1タイコ”編成で
  フロントは増田ひろ美・アルト1本での出現!
2003.5.13
info 002
緊急告知
  平井庸一、3月3日新宿ピットイン昼の部は、あの"2ベース+1タイコ"編成だ!
2003.3.2
info 001
ミシェル・ドネダがこの3月に来日する! 2003.3.1
  rovamimi Jazz/Improv AWARD 2002 2003.1.25
001
introduction
9・11と山下邦彦
9・11から1年
9・11を連想してしまうJポップ2曲
CKB/氣志團/トミフェブ/藤本美貴
「ジャズですか。思えばそういうものもありましたねえ。」
ジョー・マネリを買う無名のジャズ達人
庄司紗矢香が奏でたヴァイオリン
今年のジャズ/ドネダ〜齋藤徹
それなりに過ぎる日々
ニセコアンヌプリ
ミュージサーカス
2002.12.10
 

TOPへ戻る