homeへ戻る
rovamimi returnstopへ戻る
ロヴァ耳 informationtopへ戻る


rovamimi returns
circumstances, environment, world, family


多田雅範
Masanori Tada

information 005

update 2003. 8. 26.


rovamimi returns
circumstances, environment, world, family


 
 
第2回
Pinpoint Live「高田 渡」
928日(日)下北沢アレイホール

(磯田さんから多田雅範宛のメールを転載いたします)

 
 
  ピンポイントの磯田です。
残暑厳しき折り、いかがお過ごしでしょうか?
 
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多田君元気してますか?

残念ながら、渋谷さんはスケジュールの都合で、
今回は共演しませんが、
高田渡さんは超強力です。
今が見ごろ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
  おかげさまで、
6月29日Pinpoint Live第1回目「菅野邦彦グループ」は、
100名を越える方にご来場いただき、
大盛況のうちに幕を閉じることが出来ました。

前夜、夢見るような門外不出テキーラと遭遇したために、
本番に遅刻して演奏中に乱入したドラマー植松さん。
そして、演奏中に調子をあげ、
2ndセットが終るや否や
「楽しいので、もうワンセットやりましょう」と言い出し、
予定終了時間を1時間近くオーバーして、
伊豆急最終電車の待つ東京駅にすっ飛んだ菅野さん。
主催者にとってもスリル満点のライブでした。
やっぱり、ライブは辞められません。
ということで、
第2回 Pinpoint Live のお知らせです。
 
  シャンソン、カントリー&ウェスタン、ハワイアンが、
ぼくの苦手な三大音楽で、
それに肉薄するのが“日本語のフォーク”と呼ばれる音楽です。
ところが、1999年7月11日に大阪の知人に誘われてでかけた、
京都丸山野外音楽堂の“第19回宵々山コンサート”で
高田渡さんのステージを見て、
目も耳も釘付けにされ、
揚げ句の果てには、大笑いしてしまいました。

30年前、武蔵野たんぽぽ団で歌う高田渡さんを目にした時は、
何だかな〜、でしたが、
久しぶりに目の当たりにして、強烈な印象を受けました。
30年の年月で、
ぼくが高田さんの心境に共鳴出来るほど成長したのか?
高田さんが歌手として逞しく大きく成長したのか?
どちらにせよ、継続は力なり! という言葉を
深く噛みしめたものです。
その日に感じた、
ぜひ、この人のステージを友達に見せたい、
という想いが、Pinpoint Live開催の原点となっています。
 
渡さんの歌には、
自作の詩・曲もありますが、
谷川俊太郎、山之内漠、
ジャック・プレベール、木島始、マリー・ローランサン、
ラングストン・ヒューズ、添田唖蝉坊などの詩を、
アメリカ民謡のメロディーにのせて歌う曲も多く、
日本語のフォークシンガーというよりも、
明治・大正の演歌の創始者、
添田唖蝉坊の流れを継ぐ
ワン&オンリーの歌い手です。

そして、
飄々とした風情、内緒ばなしのようにぼそっと語られる歌、
頓智あふれるトーク。
渡さんのステージから漂うのは、
古今亭志ん生(5代目)のかほりです。
「落語」が羽織着て高座に上がっていた!と言われる
5代目志ん生に倣って言えば、
渡さんの場合、
「詩」がギターを抱えてステージに現れる、と言えます。
 
  いまだに三鷹の長屋に住み、
お昼過ぎた時分には
井の頭公園の入り口近くの有名な焼き鳥屋「いせや」で
世の中を定点観測する、
現代に生きる最もアナーキーな歌手、
それが、高田渡さんです。
よく言われるような、
70年代伝説のフォークの巨人などという
過去の遺物的呼称は相応しくなく、
今、もっともアナーキーな歌と詩を語れる歌い手、
というのが僕の見方です。
前回の菅野邦彦さんの演奏は、
ウキウキした笑いが会場に溢れましたが、
今回は、クスクスっとした笑いが会場を覆うことでしょう。
 
  かつての僕と同じように、
「日本語のフォークシンガーなんて興味がない」
と思っている方もいらっしゃるかもしれません。
でも、一生に一度だけであっても、
渡さんのステージを見たことが、
後々素敵な記憶となって残るでありましょうことを、
フォーク嫌いのぼくが保証します。
もっとも、渡さんが、ライブ当日、
飲んだくれずに会場に現れたとして、ですが……。
 
  みんなで、お酒を楽しく、おいしく呑もう!
その為の最上のおつまみ(音楽)を揃えます、
というのが、Pinpoint Liveのメイン・テーマです。
最上のおつまみ高田渡さんに合わせ、
今回は、焼酎をお楽しみいただきます。

【日時】9月28日(日)
【会場】下北沢アレイホール(下北沢駅徒歩1分)約70席
    
http://homepage2.nifty.com/alleyhall/

【開場】15:00
【開演】16:00
【終演】18:00(予定)
    ※終演後もゆっくりお酒は楽しめます。
【料金】\4,200(税込み)
    ※M割料金導入:ミュージシャンは\3,150(税込み)
     の割引料金とします。
     お申し込みの際にM割希望とお書き下さい。
     いつか出演をお願いするかもしれないので、
     今から優待しておこうという魂胆です。

【出演】高田渡(vo,g)佐久間順平(g,mand,vio)
【企画・制作】ピンポイント
       
http://www.pinpoint.ne.jp

       tel:03-3755-0073
       fax:03-3755-2993

 
  □ドリンク・メニュー(\600)

・生ビール(サントリー・モルツをサーバーで)
・ジンジャーエール(甘味のないドライ・タイプ)
・ルイボスティー
 (南アフリカ産のハーブから作られる健康茶、最近流行の兆しあり)

・焼酎&泡盛
 *響天(沖縄・蔵出し7年古酒・44度)
  無農薬栽培のジャポニカ米と、モンゴルの地下80メートルの
  天然ミネラル水を生命力の高い黒麹菌仕込んだ、
  他では滅多に呑めない限定酒。
  磯田イチオシの飲みやすい!飲みすぎてしまう逸品!
  他にも2,3種類選考中ですので、お楽しみに。

・オリジナル梅酒サワー
 黒糖焼酎で作った梅酒を炭酸で割ります。
 甘さ控え目で絶妙なうまさが心地よくのどを刺激します。

 ※前回に引き続き飲み物のプロデュースは、経堂駅前の、
  つき屋酒店さんです。

 
  □Pinpoint Liveに参加ご希望の方へ。

 チケット枚数と、発送先住所を記入して、
 9月5日までに、(下記連絡先まで)ご返信下さい。
 9月中旬頃に、振込用紙を同封して
 チケットをお届けする予定です。
 ご返信をお待ちしております。

hideto isoda(Pinpoint)
tel03-3755-0073 /fax03-3755-2993
〒146-0085 東京都大田区久が原5-25-2
isoda@pinpoint.ne.jp

御笑覧を:万歩計日和 http://www.pinpoint.ne.jp

綾戸倶楽部 http://ayado-club.com/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
 

TOPへ戻る