homeへ戻る
rovamimi returnstopへ戻る
この一年に聴いた10枚 のTOPへ戻る
2011年に聴いた10枚」のindexへ戻る


rovamimi returns
clues to music in my life : do not trust under forty


多田雅範
Masanori Tada

032

update 2012. 2. 28.


rovamimi returns
clues to music in my life : do not trust under forty


 
 


musicircus presents

ニセコロッシ JAPAN 2011

 
 
  NHKの「音の風景」()が、この番組が開始した85年以降のMVPであると思う。おれは昔からこの番組が好きだった。おれの人生が順風だったなら、DATでコンプリートに保存したりファンクラブを作ったりレコード会社から100枚組のCD化をしたり音の風景評論家になったりできたかもしれない。しかし、おれの人生が順風だったなら、このように耳が切なくざわめいたり、午前2時40分のラジオ深夜便で、秩父から吹きおろす粉雪を見上げながら音から想い描くような時間は成立しなかった可能性はある。

 
  生まれて最初の音楽だったおふくろが2012年2月5日正午に逝去した。通夜、菊地成孔粋な夜電波で近田春夫が激賞した「麦とホップ」をぐいっとやっていると、親戚たちの歓談に混じって遠くから「おにいちゃん」とおふくろの声が聞こえた。おやじに「おふくろが来たよ」と告げると、「そうか、おれにはまだ来てないんだよなあ」とフツーに話していた。叔母さんが「ゆうべ姉ちゃんはウチに来ていたよ」と、これまたフツーに話していた。まあ、そういう霊的な一族ではある。

 
  一時期は都内の輸入CD屋のほとんどのフリージャズ・アヴァンギャルドのコーナーの在庫を実地で把握して伝説の音楽雑誌で書きまくる矢先だったおいらも、01年のマーク・ターナー=カートローゼンウィケル公演で「ぼくを怒らせたな!」(ストップ!!ひばりくん!江口寿史)と耳が現代ジャズに舵を切ったあたりでゼニに不自由な身分になった。さっきラジオ深夜便で画家の小嶋裕司さんが「縄文人の明るさを」で、定着しない、捨ててゆく生き方を語っていたが、手持ちのCDを売って都内9区の図書館を行脚するだけの日々にたくさんの友人と集うようになったりもする。

 
  日本の伝統音楽が、それの反響が色濃い日本の現代音楽が、わたしたちの大きな土壌である。この土壌の殻の内部にまで降りる自覚は一度持たなければならないと予期している。

 
 
 
  土曜の朝、能楽鑑賞(AM7:20 - AM8:15)素謡「松山天狗」金剛流を iPhone で聴きながらとろんとろんの半身浴にかまけながら2011年を振り返るニセコロッシJAPAN2011、先頭バッターはもちろん、現代ジャズ2011のMVPクレイグテイ・ボーン!

 
01. Avenging Angel / Craig TabornECM 22072011


「これは歴史的な盤だろう。ピアノ・ソロの革命を、またECMが、に近い。」世界で最初にぶちあげたのはおれだぜ、と書いたわりには入手したのはリリースされてけっこう経った6月6日でございました。打鍵の響きに耳をそばだてて音を置いていっている耳の厳しさ云々と要領の得ないことを言っていたが、「フレーズを奏でるのではなく、音の柱を打ち建て、響きの層を折り重ねながら、空間を息づかせていくテイボーンの姿は、“建築するピアニスト”と呼ぶにふさわしかろう。」(福島恵一)、まったく動かし難いテキストだが、以降、「建築鍵テイボーン」という称号を、何の注釈もなしにCDジャーナルの記事に書き込んだり、楽しい出来事でした。

この、テイボーンという鍵盤奏者を・・・、かつておれはティム・バーンの『サイエンス・フリクション』(Screwgun 2002)を大傑作と断じ、Thirsty Ear もつぶさに聴いていたのに・・・、テイボーンのリーダー作『ジャンク・マジック』にノリ切れずにいたせいもあるか、「あれれ?ジャンク・マジックてテイボーンなのだっけ???」とシンコーミュージック刊『ジャズ・ピアノ』で同作を益子博之が大きい枠で記述しているのを発見して気付いている程度の、記憶の脇の甘さであった。

このECMソロ『Avenging Angel』は、当初トリオ編成での録音が予定されていたのが流れて実現した。いきなりピアノソロだからな。なるほどプーさんの来るべきピアノソロが革命の第二弾で、と、ECMは企てたのかとおののいた。Avenging Angel、リヴォルバー(回転装填式拳銃)の銃身を短く切ったもの、avenge とは、「(正義の目的で)被害者のために仇を討つこと」の状況の時に使われる復讐で、被害者当事者が復讐する revenge とは区別される。テイボーンは打鍵で何を討っているのだろうか、しかしこれはメタルキッズの心性、かぶきである。

このテイボーン、ロスコー・ミッチェルのノート・ファクトリーの一員としてライブ公演していたら、メタルヘッズたちが聴きに来ていて、そいつらになんでやときいたら、Gorguts の『Obscura』を聴いてみなはれと言われたそうな。そんで、2010年テイボーンは Gorguts のギタリスト Steeve Hurdle とデュオ公演なんて実現させている。・・・メタルか!それもデス・メタルか!ぐちゃぐちゃにしか聴こえん作曲しまくりのアヴァンギャルド・デス・メタルか!

おれはね、中学2年でジューダス・プリーストのデビュー盤かけながら賭けマージャンやっていたそのスジの者なんだぜ、お兄さん。人生に無駄な聴取なぞないのだ。いつかテイボーンに、リスペクトするメタル・アルバム10枚を挙げてもらおうではないか!

 
 
 
  2011年の出版賞は、大阪大学出版会の『ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?』(クレズマー音楽CD付き2千円)。晩年90歳のシャガールが「初期作品を描くにあたってイディッシュ語のイディオムを意識していましたか」と問われて答えたフレーズがタイトル。未来の観衆が作品を解釈して理解されることをシャガールは楽しみにしていたのだ。ピカソへの嫉妬もかわいいくらいだが、美術史はピカソをとってもおれはシャガールをとるぞ。

 
  マンガでは『ピアノの森』(一色まこと)を読んでいるのだが、あの、この世のものとは思えないピアノを弾くピアニストが実在するということを伝えたくてここに記す。

 
02. 『ベートーヴェン:ディアベッリ変奏曲ほか〜トッパンホール ライブ・シリーズ第八集〜 / 岡田博美』 (コロムビア COCO84922) 2CD 2011


ジャン・ジャック・セローまたは一ノ瀬海のピアノはきっと岡田のピアノに違いない。神の領域に遊ぶピアノだ。コンサートのプログラムをアンコールを含めて丸ごと収録してしまうというトッパンホールの企画も、じつにいい。世界はシフとオカダだ。ECMに耳があれば、録音が届けられるだろう。

タワレコのフリーペーパー「intoxicate#94 で俵孝太郎が「最近はアンデルジェフスキやペレゾフスキーはじめ、この大曲をコンクールやリサイタルで取り上げ、録音する若者が増えて、CDでも激戦区になった観がある。しかしこのライブはそれらの中でも一頭地を抜く存在と、世界で評価されるだろう。」と書いている。さすがだ。物まねをされているだけではない。

いまだ岡田のピアノを形容できないでいる。・・・だめじゃん、おれ。

 
 
 
  2011年はゲヴァントハウス管弦楽団を聴いてその金色の響きと浮かび上がるクラリネットやオーボエあたりに座っている音群の意味への気付きと、ああここは日本のクラシック界なんだわという解熱を感じた直後の、311、音楽批評益子博之を担ぎ出して『益子博之=多田雅範四谷音盤茶会』をスタートさせたこと、じきに書けなくなる Jazz Tokyo でのコラム『タガララジオ』、ウイリアム・パーカーのベースソロばかり聴いて呆ける日々、菊地成孔のラジオ番組『粋な夜電波』に耽溺、ポール・モチアン逝去、・・・

 
  10年前にミスチル好きで盛り上がった19さい女子が「そうね、ミスチルは聴けなくなったわ、わたしハイエータス聴いてんの」と言われてJポップの超快適新譜として耳にしていたら、10年前にDCPRGのライブ会場で顔を合わせていた大学教授でプロデューサーの徳永伸一が Face Book で「HIATUSの新作にフルートの木ノ脇道元が参加してます!」なんて投げるものだ。「蘇莫者」を吹いたピーピコ賞を献上の木ノ脇道元さまか!(

 
  HIATUSを聴いて5秒で「エルレのヴォーカルですね」と看破する福島恵一にもおののく。福島兄がエルレを聴くシーンがまったく想像できない。

 
  29さい女子にインパルスでデビューするDCPRGの新譜を買わせて「共通するもん感じるう」と言わせてといて、「ぜんぜんちげーよ!」と言う極道もんだわおれ。

 
03. ALTER WAR IN TOKYO / DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENImpulse / Universal2011


なんかさー、アマゾンのレビューとかクッキーシーンのレビュー()とか、5年前の国内とんがりオーディエンスの典型的な反応に思われて仕方がない、そんなことおれでも書けらあ。

おれはそんなことを知らずに何度もリピートして聴いたよ。トランペットは五十嵐 Golden Lips 一生だったかもしれない歴史のイフを思わないこともないが。個々のソロにリーブマンみたいだとか、そこにこの音楽のミソはあるわけではない。本人が日記で書いたらしいけどライブは盛り上がりに欠けたソースだったかもしれない、が、黒人となった菊地成孔が対米仕様にスタジオ作業で「演じて」しまった、憑依が前後して結果有効なプレゼンになった、全米にはDCPRGの骨格だけをいかに効率的にインストールするか、そういう狙い澄ました一撃にしか聴こえないんだが。「CATCH 22」「PLAYMATE AT HANOI」が特に良い。

スストのサークルラインがどんだけアメリカを揺さぶったか知らんが世界の菊地雅章はNYで現在も火薬の匂いをさせているところ、二人目の世界のキクチ、名門インパルスでのCD2枚組、2枚組聴いて「もっと聴きたい」と耳の飢餓感を煽るという恐ろしい結果だ、最終トラックのブラコン(死語だあ)のバックトラックみたいな寸止め感もメジャーって感じ。NYのCD屋に二人のキクチが新譜を並べているなんて、すげえよ。キクチのプーさんリスペクトは明白だと思うし、そいえばプーさんベネフィットの新宿ピットイン「I Love Poo」で日野皓正(Tp) 峰厚介(Ts) 宮田英夫(Ts, Fl) 佐藤允彦(P) 清水絵理子(P) 杉本智和(B) 村上寛(Ds) 本田珠也(Ds) ほかというプーさんゆかりのメンバーでDCPRGを演った粋なキクチだ。

 
 
 
04. Crumbling In the Shadows Is Fraulein Miller's Stale / William ParkerAUM Fidelity2011


ベース・ソロ3枚組。3枚目は90年代のエネルギッシュなやつ。1・2枚目の抑制した強度が、新次元を感じさせもするし、聴き応え充分だ。

2枚目の1曲目が、黒人ジャズの土壌とも、もとより理路の幾何学のような欧州審美とも、離れ、どこか、仏教を感じさせるのは不思議だなあ、と思ってみたら、レーベルの AUM Fidelity はそういう意味なのだった、なんでい。コントロールする厳しさは欧州インプロに負けてないし、音の響きを聴く意識はテイボーンと同質な「新しさ」までも感じる。2枚目の2曲目はベース・デュオに聴こえてしまう超絶技巧、たぶん、やりすぎだぜウイリアム。

 
 
 
05. Out of This World's Distortions / FARMERS BY NATURE : Gerald Cleaver, William Parker, Craig TabornAUM Fidelity2011


これを真っ先に挙げなければならないのだった。

この盤の1曲目を、喫茶茶会記で、益子博之と橋爪亮督とかみむら泰一と聴いたのだった。唖然として全身が耳になる4にん。忘れ難いひとときだった。

わたしたちが四谷音盤茶会でベスト1に選出して、アルゼンチンの音楽サイト『El Intruso』でミュージシャンたちと批評家たちの投票結果に挙げられているリストとの同期におののき、日本でも渋谷メアリージェーン(コアな音楽愛好家の聖地だろう)におられる松尾史朗さんがミュージック・マガジンで3位に挙げてテイボーンを的確に捉えている。


Jazz Tokyo 海外ベスト選評


建築鍵テイボーン、惑星パーカー、新兵器クリーヴァー、いけね魔王パーカーが惑星パーカーになった、この3者の音のありように耳を澄ますばかりで。ときにおれはケティル・ビョルンスタの『海』を連想したりする、チガウだろ!と突っ込みを入れつつ、ピアノ、弦の弓弾き、打音、違うのはテリエ・リピダルの彷徨轟音ギターなのだが。ともに、静寂と死と、その彼方への眼差しを共有しているような気がする。

 
 
 
06. Luz do sol (ルース・ド・ソル) 太陽の光 / 平田王子、渋谷毅』Soramame Record2011


秩父に温泉を探しながらドライブしたBGMでもありますが。


Jazz Tokyo 国内ベスト選評





 
 
 
07. Jeff CosgroveMotian Sickness for the Love of Sarah- The Music of Paul MotianGrizzley Music2011


モチアン追悼で・・・、考えてみると逝去の年にコニッツ、ヘイデン、メルドーと『ライブ・アット・バードランド』(ECM)、フリーゼル、モーガン、ペトラ・ヘンデンと『ザ・ウィンドミルズ・オブ・ユア・マインド』(Winter & Winter)を、マンフレート・アイヒャーとステファン・ウインターという現代の二人のマイスター・プロデューサーによって新作を、それも極上の「継承されるジャズが聴こえる」盤をリリースしたのも見事だったと言うしかない。もう、こういう演奏は出てこない。もう、西方に映っている圧倒的な黄昏である。

Intoxicate にモチアン追悼を書いて、それの繰り返しになるけれど以下の文章をここに置く。

 
 
ポール・モチアン(25 Mar 1931 ? 22 Nov 2011)が老舗ヴィレッジ・ヴァンガードで若き覇者エリック・ハーランドと週替りで叩き合っていたのを胸がすく思いで見ていたものだが、それは2011年年頭の現代ジャズのメインストリームの屋台骨、その象徴であったし、最期の光芒でもあったとは。サックス陣はマーク・ターナー、クリス・ポッター、ビル・マケンリー、ダヴィッド・サンチェスらが並んでいた。引き続きモチアンは3週にわたって(自己のグループを1・3週に率いての)ドラマーを勤めた(!)。この3週目には菊地雅章もいた。80歳の誕生日を迎えると、モチアンはクレイグ・テイボーンを擁したカルテットを打ち出し、またマーク・ターナーのカルテットでも叩いた。誰もが、この法王モチアンの君臨におののいた。

 
 
法王である由来? ロヴァーノ=フリゼール=モチアン・トリオ(1983〜)が放ったじわじわと感染するような静かな革命の浸透によってである。

 
 
サックス奏者ジョー・ロヴァーノのガチガチにブロウ決めまくる系譜ではない(!)奏法の革新は、端的に言って皇帝マーク・ターナーが登場する環境を用意(培養液だ)した。

 
 
ギター奏者ビル・フリゼールもノンサッチ・レーベル等で開花し、ジャズ〜汎アメリカ音楽を描いた。

 
 
さらに、プー(菊地雅章)=ピーコック=モチアン・トリオ「テザート・ムーン」、複数のサックス、ギターで構成するポール・モチアン・エレクトリック・ビバップ・バンド(EBBB)、この2つは91・2年に具現化され、一気にヴァージョンアップの様相。前者は、モチアンが手放さなかったピアニストの重要性を想像する必要があるし、後者は才能たちが輩出する母体となった。

 
 
モチアンEBBBで、クリス・ポッター、トニー・マラビー、ジョシュア・レッドマン、クリス・チーク、ビル・マケンリーといったサックス奏者、カート・ローゼンウィンケル、ブラッド・シェッピック、ウォルフガング・ムートシュピール、ベン・モンダー、ヤコブ・ブロといったギター奏者がその才能を飛躍させた。

 
 
晩年のマイケル・ブレッカーがマーク・ターナーとクリス・ポッターに注目していると発言したのは、さすがだ。

 
 
ここで挙げられた演奏家は、それぞれがリーダー格となりトップ・ランナーとしてシーンを文字通り形成している。この見立て自体がリスナーの間で共有できているとは言えない。このメインストリームもゆうに10年を越えている。新しい才能は出てくる。メインストリームを破る様相で。

 
 
モチアン逝去を受けて、そういえば今年、ECMと Winter & Winter という最上級のレーベルから届けられた2枚『ライブ・アット・バードランド』『ウインドミルズ・オブ・ユア・マインド』、80歳にして最高水準のジャズ盤を、しかも国内盤になるという高いハードル越え(それはカンケーないか)、リリースされ即古典になるような内容、全員出来がよすぎる・・・、これはセレモニーの翳りを帯びてひときわ輝いている音楽だったことに、納得するしかないような気分だった。まあ、歴史の見立てなんてだいたい後付けの編み上げだから仕方ない自分だ。

 
 
次の世代、なのだ、現代ジャズの今日の発火点は。

 
 
そういうわけで上記2枚はあえて外して、未来につながるモチアン集のほうを挙げることにした。

NYシーンからマネリとエイベアを担ぎ出すあたり、この二人ともじつに幅広い活動レンジがあって、シーンでもあちこちに花粉を運ぶみつばちみたいな存在なんだが(なんてたとえだ!)、ヴィオラとマンドリンという楽器の音色、楽器の操作制限や宿る文化性の変化球(ふつーのジャズじゃない)という観点からも、そして何より演奏力・・・、

モチアンと同じ時代を過ごした尊父ジョー・マネリ(9 Feb 1927 ? 24 Aug 2009)、モチアンとの共演が叶えばどんなだったろうと思ったものだが、一子相伝息子のマット、親父は自分より背の高い美人と結婚してマットはお母さん似で顔も体型も親父に似なかったが、モチアンのトリオ2000に間に合った、もしかすると親父より重要な仕事をしそうなマット・マネリである。


Jazz Tokyo ディスクレビュー


 
 
 
  わたしの日課は編集CDR作りであります。寒山拾得・編集CDRを愉しむ耳老人の会、というネーミングを考えたこともあるのです。こ、これでカンペキな曲順だあ!と夜中のアパートで、タバコの煙とコーヒーにまみれて声にならない笑い声をはあはあとたて、2時間ちかくかかる自動車通勤にそれを聴いて時間を忘れているのです。

 
08. 『韓国の伽耶琴(カヤグム)/金竹坡 〜ワールドルーツミュージックライブラリ』(キングレコード KICW851252008


日本のお琴の先祖にあたるカヤグムという楽器だと知ったのは聴いたあとで、この調律の狂ったような音が絶妙に入り、背骨のツボを押されるような呼吸、独特な間合い、すごいものを聴いてしまった。カヤグム演奏:竹坡(金蘭草キム・ナンチョ、19111989)、杖鼓演奏:金東俊キム・チュッパ。「正倉院に新羅琴として所蔵されているように韓国でも最も古い楽器の一つ伽耶琴。人間国宝であった故・キム・チュッパの杖鼓との渾身の演奏」とある。85年録音。

これを韓国、日本に分けて考えることはできないな。

「おれさ、カヤグムの演奏選んだんだ、これ聴くとお琴に対する視界が変わるね」「それはいいものを聴いてますね、ワタシは沢井一恵さんのを書いたところですよ、これが今年のベストだなあ」「えっ!」・・・友よ、続きは3月12日の深夜、東大寺の二月堂で会おう。

 
 
 
09. Refale / KAZE : Christian Pruvost, Natsuki Tamura, Satoko Fujii Peter OrinsCircum-Libra Records 2012011


田村夏樹(たち)は分類されない、どこかに置かれない、この盤を聴きはじめるとすぐにコチラの耳の触手からするすると逃げてしまようで、タガが外されてゆくことが「わかった」、当の音楽はそのようなことは考えていないようだった、自明なことだろう、この自由は楽しい、おいらのズルい頭が予測する演奏の行くあてをどうにもはぐらかす、ずっと追いかけっこをしている、そっちに行くの? そこでそうなの? おいおい! ふふふキタキタ、何度も笑いながらまだまだ即興演奏にはたくさんの草むらがあるなと思う、あ、大まかなコンポジションはあるのか、ぜったいみんなこんな逃げ方はしないよ、この広場に出てくるとほかのフリージャズ的な演奏が舞台の上だとか得点を争う競技に思えてくる、なるほど彼らが自主レーベルを立ち上げたわけだ、って今頃至極納得している、おれ。

クリスチャン・プレヴォと田村夏樹がトランペット、藤井郷子ピアノ、ピーター・オーリンたいこ。楽器を代えても彼らは楽しいだろうなー。

 
 
 
10. 『フォーレ&ショーソン、ピアノ四重奏曲 / クァルテット・ガブリエル』MA Recordings MAJ-5052007


日雇い夜勤の都合でコンサート通いができなくなりニセコロッシコンサートツアーを書けなくなったが、ガブリエル・クァルテット!()には、濃厚な熱気のようなフランス音楽の優雅が、泥のついた無農薬野菜のように漂っていたのだった、CDが出ていたのか!と10月にCDショップで手に入れて聴いたのだった。こういう特上の大トロを聴いてしまってはおしまいだ、アンサンブルが舞踏する曲線を聴きたまえ、音楽が生きている!体重が軽くなって浮遊してしまうぞ、アブナイなあ、録音も素晴らしいよ、さすが名匠タッド・ガーフィンクルさんだ、耳を変容させた別格の一枚。

そんなふうにウキウキしてたら、おれはお釈迦様の手のひらの上だったのよ、サリマン先生、もとい丘山万里子先生が Jazz Tokyo「2007年 今年の一枚」()でベストに選んでいた、「こういう音楽に包まれていると、世界はまだまだ美しい、と思える。」なんてキラーフレーズが。「タダサン、お読みになってらっしゃらなくて?」なんて見つめられそうだ。さあ、ソフィ、しっかりつかまって。


 
 
 
  2011年はNYダウンタウン現代ジャズシーンの新譜を聴く「益子博之=多田雅範四谷音盤茶会」を始めた。益子さんと話しているとそのCDが欲しくなるし、買えば買ったで家賃滞納が悪化するしカップ麺とたまごごはんの日々が続くので、だったらタバコやめろと娘に言われるが、聴かせてくれ!と、益子さんをおがみ倒してしまった感があるが、築地ナンバー1の目利き魚売りが選りすぐった盤を、ジャズ者ではない雑食リスナーが聴く、みんなも聴きたいだろ? 会場の補助椅子は大丈夫だろうか、勝算はある、フライヤーも作らずに?

 
  第1回目は心配で駆けつけてくれた音楽批評福島恵一さんとジャズ評論家後藤雅洋さん、このお二人の前で、観客はこのお二人だけで、わたしは二人の耳の師の前で・・・、地獄の閻魔様の前に出されたような面持ちでお前はどんな耳をしているのだ?と問われるような、5万人と5万人で10万人の観客の前で言葉を発しなければならないような、気の利いたことを話さなければ、神さま助けて状態で、・・・ちょっとだけ、あったことを告白しなければならない。

 
  その後4回行いまして、Face Book のおかげで徐々にご来場いただけるようになりました。昔から何でも年間ベストは大好きな性分でしたので、2011年現代ジャズベストを発表に至り、それがアルゼンチンの音楽サイトでのミュージシャン投票のラインと共振していることにおののいてしまった、のは、「タガララジオ24」()で書いたとおりでございます。

 
  この四谷音盤茶会@喫茶茶会記(四谷三丁目)は今後も原則1・4・7・10月の第3日曜日に定期開催することが決定しております。

 
  現代ジャズと言っても「(仮)現代ジャズ」みたいなところで、アルゼンチンの音楽サイトでは「New Creative Music」と冠されているところです。ミュージシャンの間では、いわゆるメインストリームなジャズの演奏を「オールドスタイル」と言っているようで、獰猛なミュージシャンの感性は未踏の領野に次々と踏み出しているようなのです。これは何々だとは言えずに、あれでもないこうでもない、何々かもしれない、と、四谷音盤茶会で言葉を交わすうちに、または事後的にレビューテキストなどで、自分の耳が変容してしまう、思い込みやフレームからの開放、または音楽の感染といった事態に・・・。

 
  都会の真ん中の隠れ家のような喫茶茶会記で、誰かが集まって遠くの街の音楽を聴いている。近くにある駐車場をめざして今日は紐付きの新しい靴で出かける、ラジオからノイズ混じりのマイルス・ディヴィスやピーター・ポール&マリーが流れる。息子の受験はどうだったろうか。人生一寸先は光なんだぜ、闇じゃないぜとウソでも伝えてやりたい。これもまた2011年の音の風景だ。


 
 

TOPへ戻る