homeへ戻る
rovamimi returnstopへ戻る
ニセコロッシ JAPAN topへ戻る
この一年に聴いた10枚 のTOPへ戻る
2015年に聴いた10枚」のindexへ戻る


rovamimi returns
clues to music in my life : do not trust under forty


多田雅範
Masanori Tada

038

update 2016. 2. 27.


rovamimi returns
clues to music in my life : do not trust under forty


 
 


musicircus presents
ニセコロッシJAPAN 2015

 
 
  秩父宮ラグビー場駐車場で「郡上踊りイン青山」
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review

佃島の念仏踊り 中央区佃一丁目です
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review

松籟夜話 Extra 番外編 @Bibliotheca Mtatsminda (青山 月光茶房隣設ECMライブラリー)
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review

Tactile Sounds vol.20 橋爪亮督+山田あずさ ライブレビュー
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review

tactile sounds vol.17橋爪亮督+加藤崇之+井谷享志 「ピーちゃん(井谷)は天才です」三角みづ紀
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review

ダン・テファー <ゴルトベルク変奏曲> すみだトリフォニーホール
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review

 
  ブログ「Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review」から 2015 をピックアップ、Niseko-Rossy Pi-Pikoe とは、4さいのまりえちゃんが「ニセコろっしー」と呼びかけたことと、5さいのひかるくんが「ピーちゃんじゃなくてピーピコにする」と自称したこと、他者からの呼びかけ、コミュニケーションのあわいを意図している、

 
  音楽サイトJazz Tokyo「タガララジオ46」(20148月投稿)

 
  ライフワークの連載続編が書けないでいる、何故だ! クラシック通いを終止符にするような野島稔の神ピアノを体験したからだし、三善晃本人のピアノ録音を味わってしまったからだし、53歳で就いた八つ目の職場にふいに開けたような、先輩昭夫アニキとの八重洲・日本橋・人形町を、風をきるランチとディナー散策、心のBGMはなぜかシルヴィーバルタン、小学校のギャングエイジみたいに駆け回った、そして記事のラストに Tokyo No.1 Soul Set 「ヤード」と長女かなみんの挙式写真にリンクを置いた、「上と下の歯が、どうやら噛み合っていないようなんだ」歌詞と、歯が生えはじめてクリクリ音をたてて笑っていた3さいかなみんの記憶、音楽は生活に濃厚に漂い、感傷は普段は意識していない古層から突然噴き出すこともある、たかだか娘の結婚式ではないか、しかして、それはわたし自身がこのコラムをラストにするピリオドに相応しいと無意識に配置していたのだ、

 
  「ヤード」が醸し出す90年代のロマンチシズム、そう、ロマンチシズムという語でごまかす、渋谷系でごまかす、小沢健二でごまかす、いや、ごまかしちゃなんかいない、小沢健二のヴィジョンのその後を生きている/生きていたい、

 
  90年代に聴いていたポールモチアンやヘンリースレッギルや菊地雅章やティムバーンやジョーマネリ・・・が拓いたジャズであることの特権、渋谷毅・川端民生とトリオを組んだ小沢健二とも同期していた、

 
  過去への参照なしの童貞力こそが音楽の輝きであるだろう、と、音楽を聴いてきたはずだった、それが、「すべての音楽表現は極めればブルーズになる」(平岡正明)に耳が辿り着いてゆくようであるのだ、すなわちわたしは老いたのか、20代の頃は市販されている音楽雑誌はすべて(たぶん20数誌)どきどきしながら読んでいたのにね、彼らは光速にメッキははげてしまって、気付くと musicircus 「この一年に聴いた10枚」に召喚したテキストだけが本物になっている、つまりは達成され続けている、みんなのリスニングルームはつながっている、

 
  日々は続いてゆく、「南極料理人PV」は雄弁だ、
YouTube

 
 


「要するに私たちは、いろいろな不可能なことを頭の中で、あるいは心の中で可能にすることができます。必須条件がひとつだけあります。それは、優れていること。優れたものなら、受け入れることができるのです。そうでなければ堪えられません。」(ドナルド・キーン)

 
 


“ところで去年、近所の金物屋さんに買い物に行ったら、そこの主人が鋸の目たてをしながらラジオの音楽を聴いていました。日本音楽コンクールのピアノ予選の実況録音でした。そして主人は「みんな巧えことは巧えが、なんか足んねえな」とつぶやいていました。音楽家にとって実に怖い評言です。”

ヤマガラ日記 三善晃 一九八六年十一月

 
  ほらね、タガララジオ46 はこれでお終いさ、新しいフォームを見つけに出かけるのさ、

 
 
 
01
東京節
/ あがた森魚


「日比谷通りが一番流れがいいさ、増上寺あたりは眺めもいい、馬場先門から鍜治橋通りで八丁堀さ、」、田島運転手の年季の入ったしゃがれ声、最初はちんぷんかんぷん、

「ばばさきもん?」初めて知った固有名詞、気分はすっかり東京節。2015年はこの曲で毎日が過ぎた。

ここにGHQの本部があったか、国会前の学生デモはここか、大本営陸軍参謀本部はこのあたりなのかー、

 
  東京節 大工哲弘
YouTube
 素晴らしい映像

東京節 土取利行
YouTube
 おお、サヌカイト土取さまが

東京節 あがた森魚
YouTube

 
  あがた森魚(1948〜)、『浦島65BC2015、『浦島65XX2015、『浦島 mini xx2015、快進撃が止まらない、まるで尽きぬ泉、量産体制の太陽黒点説、フォークからテクノ、ライ(雷蔵)、タンゴ、を経て、追憶と郷愁、未来、・・・、現在のあがた森魚の創作は過去も未来も全肯定しての巨星の爆発を思わせる。矢野顕子が「Jポップの国宝」と評したとか。

コンポジションの展開や歌詞の連鎖にあたって、の、可変性、に、身を委ねているありよう、歌詞も語感自体に遊んだり、想起される事象を呑み込んで投げ出す自由度といい、何度聴いても聴くたびに様相を変えるような、それでいて変わらない同じ人生、北海道のおじいちゃんちで見たお正月の餅つきを想う、

 
  かつては封印されていた感がある「赤色エレジー」のこの演奏に、ジャズ・インプロ耳を適応させないでいるのは困難である、

15NX7326 20151123 cubasia 赤色エレジー
YouTube


永遠の遠国がまさに到来しつつある。

Morio Agata - Airplane 1980
YouTube

 
  あと、イエロー・モンキー・トリビュート盤での「4000粒の恋の唄」(作詞作曲:吉井和哉)カバーも、今年はよく編集CDRに入れました。(これの YouTubeは無いなあ。)

 
 
 
02
『添田唖蝉坊・知道を演歌する
/ 第二集』土取利行 2015


『添田唖蝉坊・知道を演歌する』2013、『明治の壮士演歌と革命歌』2014に続く。この三部作・・・、三部作ではない、交響曲のように9つまでシリーズ化を切望するものであります、これらを聴き逃していた不覚、まとめて一気にのめり込む、

7月に土取利行、エヴァン・パーカー、ウイリアム・パーカー日本公演、まさに神の競演でジャズ・ドラマーとしての健在さを示したサヌカイト土取利行さん、

土取さんの東京節から、これらのレコーディングの存在を知る。

余芸でも諸相でもないのさ、わたしたちはアーティストの一端しか知ることができない、が、巨きさを識ることがある、

 
  「コクリミンプクゾウシンシテ ミンリョクキュウヨウセイ
若しも成らなきゃ ダイナマイト どん!」

ダイナマイト節 : 演歌壮士団作/ 土取利行(唄・演奏)
YouTube

『添田唖蝉坊・知道を演歌する』
JazzTokyo ディスク・レヴュー: 堀内宏公

 
 
 
03
歌声の響 天皇陛下御作詞 皇后陛下御作曲 宮内庁監修 朝日新聞出版 
2015


http://tamutamu2011.kuronowish.com/utagoenohibiki.htm

6分36秒のトラック、沖縄の船出歌「だんじょかれよし」、ナレーション、ソプラノ歌手鮫島有美子がクラシックの文法で歌いあげる、シューベルトの歌曲「楽に寄す」のドイツ語朗読が衝いて出てくる詩情、

天皇皇后両陛下の御言葉は安倍もニセ右翼もクソ左翼も斬るものだという宮台真司の指摘は、『社会という荒野を生きる。』 宮台真司/KKベストセラーズ 2015 冒頭で、思いもかけない烈しい論考にたじろぐ、

なんで朝日なの、と、オイラも思う、半藤一利『ノモンハンの夏』を読んでいるが、関東軍も安倍内閣も暴走している、

 
  「鼻筋は通っているけど、話の筋は通っていない、小泉純一郎です」
YouTube

 例えるなら、強盗と詐欺と掏摸のどこがいいかの選挙でした、

 
 
 
04
Kikuchi / Street / Morgan / Osgood ILK Music 238 CD2015


Jazz Tokyo
菊地雅章追悼特集

菊地雅章 きくち まさぶみ、19391019- 201577

ポール・ブレイ Paul Bley19321110- 201613

モチアン、ヘイデンに続いて、プーもポールも鬼籍に入ってしまった、もう、プーさんロスの現代ジャズ界だよ、

 
  トーマス・モーガンが能楽堂でソロを演ったんだぜ、満員御礼だったそうだ、ライブ録音の音盤化を願う、

 
  プーさんチルドレンたちの拓く未来のジャズを想う。現在を生きることがジャズの特権なんだぜ、だけどよ、ステージに上がって次々と出来合いの洋服を着て見せたり新発売の芳香剤をまき散らしてるだけの演奏はどうなのよ、かつてはハンコックVSOPだのフューズワンだのチックコリアレクトリックバンドだのあったけれど今は誰も聴かないよ、リッチーコールって誰だったのよ、ビルラズウェルって何だったのよ、おれはパットメセニーもジョンゾーンも忘れたよ、以下省略だよ、ダイナマイト、どん、だよ、

 
  はい、この動画を見て、100分間、黙とう!

菊地雅章 MASABUMI KIKUCHI Trio: LIVE in NISHINOHARA 2001.1.24
YouTube

 
 
 
05
UTAZATA Ruweh Records Ruweh 1012015


Rema Hasumi's Utazata - Chikuzen Imayou

YouTube

Rema Hasumi piano
Todd Neufeld guitar
Thomas Morgan bass
Billy Mintz drums
Ben Gerstein trombone
Sergio Krakowski pandeiro / adufo / karimba

 
  Rema Hasumi 蓮見令麻 : 即興ジャズにたどり着くまで
YouTube

 
  蓮見のブログより

2013101日 火曜日  桃山晴衣とその素晴らしき世界

2015429日 水曜日  REMA HASUMI "UTAZATA"

 
 
 
06
Carrie & Lowell / Sufjan Stevens 2015


Sufjan Stevens, "Carrie & Lowell" Official Audio
YouTube

おれ、年間ベストに『イリノイ』 2005 も、『Age Of Adz2010 も挙げてなかったの? どうなってんだ、21世紀ポピュラー音楽の最高の才能だと毎日思っているのに、年末に初孫リュウくんが生まれて祝福のテーマ曲は「イリノイ COME ON! FEEL THE ILLINOISE! Part 1」にしたんだぜ、ピタッとはまっておれは自分までが誕生したばかりな気がしたんだぜ、それはさておき、

タダマス現代ジャズ年間ベストでも、Extra扱いでこの盤を掲げた、益子さんとぼくは何の打ち合わせもなく一致する、ぼくがスフィアンだよなあと思っていると、ちゃんとジャケが位置付いていて、ぼくらは目を合わせる、(気持ちわるいなあ)、それはさておき、

本作の主題は母親への追慕である、位相をひとつにサイモン&ガーファンクルをかけて走る母と過ごした故郷というのもある、と言いながら、歌詞の意味をまったく把握しないでいる、代入して聴いたって構わないではないか、しかして、耳の触覚をヒリヒリと縛るのはサウンドトリートメントの肌合いなのだ、ほんとうに細部の響きまで、

 
 
 
07
アヴェ・マリア
/ Luz Do Sol 平田王子+渋谷毅 2015


由紀さおり昭和歌謡の至宝「生きがい」を、声と歌唱の清純で、ピアノの深さで本家超えをしてしまった彼らのファースト、『太陽の光』2011

昨年のソングオブジイヤー(あたくし個人の)に輝く「山形」を収録したセカンド、『緑の森』2013

と書くと、ボサノバより多彩であることや、彼女の七色の声についてが欠けてしまう誤った紹介であることだ、平田王子はボサノバを超えている、世界的に聴いても群を抜いているだろう、もはや伴奏とは言えない渋谷毅のピアノの神業、これを聴かずにしてどうするのだ、

清冽なファースト、絢爛豪華に深化したセカンド、定期的にライブをして、サード『アヴェ・マリア』、なんとも、魔物が棲んでいるような録音になった、表題曲「アヴェ・マリア」一音に沈黙と永遠を映す音、デュオがここまで深化していいのか、こんな小学生のような声ではしゃいでいいのか平田王子、渋谷毅がしっかり歌うトラックも2曲、

芸大付属高校で過ごした同い年の菊地雅章と渋谷毅、この二人にジャズ史が収束するかの相、

「ストトン節」をボサノバで料理してもみてほしい、小沢健二・渋谷毅・川端民生のナンバーをカバーしてほしい、

 
 
 
08
ジェイ・ファースト
/ 岩崎洵奈 2015


内的なリズム感覚を繰るコントロールの良さを凝縮したような作品をデビューに仕上げてきた。

海のうねりのような壮大なスケールを描くコンサートホールでの彼女の魅力をさらに際立たせるには、また別のプログラムが必要かもしれない。アルゲリッチのように、音楽祭を作りあげるような求心力のある音楽性があるので、アイドルのような売り方には急いてはことを仕損じてはいけないのである。





岩崎洵奈のサイト()にはいくつか動画のリンクがある、これだよ、これらだよ、これでコンサートに行きたくならなかったら・・・、えー、アシュケナージに指導を受けたって、指導を受けるべきなのはアシュケナージだよー、ちゃんと聴いてるの?

 
 
 
09
編集CDR「民衆芸能MIX」


本ウェブサイト内の当企画に参加されている北村卓也さんからいただいた音源のオマケに同封されていた編集CDR、お友だちに紹介する目的で60分に音源をリレーされたもの、これが素晴らしかった、次々と名演がつながり、彼方に飛ばされてゆき、ラストで現世に連れ戻されてくる展開、みんなにも聴かせてあげたいです、どうぞご連絡をお待ちしております、


曲目解説とわたしのブラインド感想テキストは
以下リンク先で ↓
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review

 
  CDR 「民衆芸能MIX」 曲目

1. 神楽ばやし(ガク)/水口(みなくち)ばやし 八妙会
2. 神輿音頭木遣/三宅島、沖山賢三・佐久間久治・宮下福松 他
3. 十五夜綱引唄/宮崎県都城市郡元町・有志
4. 毛越寺の延年「花折」/岩手県・毛越寺の稚児舞
5. 義太夫「野崎村の段 段切れ(新版歌祭文より)」/竹本土佐太夫
6. 正調安来節/二代目 お糸
7. 山中節/金津屋米八
8. 那覇/里国隆
9. 伊予万歳「松づくし」/愛媛県・伊予万歳
10. 加賀万歳「式三番」/加賀万歳保存会
11. バカバヤシ〜手締め/海老瀬峯の祭り囃子
12. おわら節/高岸千代
13. 津輕小原節〜煙草づくし/初代 津輕家すわ子
14. 大償の山伏神楽「権現舞」/岩手県・早池峰山の山伏神楽
15. 滑稽音曲掛合咄/豊年斎梅坊主
16. 相川音頭(源平軍談) 「どうぞ九郎を討つべきてだて〜」/村田文三
17. 神崎東下り/桃中軒雲右衛門
18. 歌沢「夕暮れ」/四世 歌沢寅右衛門
19. 文弥節「源氏烏帽子折 伏見の里の段」/中川閑楽
20. おしらの祭文/東北のイタコ(不詳)
21. 東大寺二月堂修二会「五体」/東大寺練行衆
22. ピートコトッチャン/赤沼の獅子舞

 
 
 
10
the best compilation albums of 2015 "junxbox" compiled by junx


YouTube

編集CDRYouTubeでハイライトするとは、どういう悪魔の所業か。

こんな素晴らしい選曲の編集CDR、ちょっとない。

曲目はここで↓
the best compilation albums of 2015 "junxbox" compiled by junx
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review

 
  ぼくが作る編集CDRは、楽曲と楽曲の落差の質を楽しんでいる、ジェットコースター的なこけおどし、に、満ちている手法だ、それに比べてこの「junxbox」の丁寧な世界観の接続はどうだ、おれはこれを編む教養がないからジェットコースターしかしていなかったのだ、これからの人生の課題だ、なあに、人生まだ四分目だ、まだまだ時間はある、

 
 

TOPへ戻る