homeへ戻る
rovamimi returnstopへ戻る
ニセコロッシ・コンサート・ツアー/おやじカンタービレのtopへ戻る


rovamimi returns
clues to music in my life : do not trust under forty


多田雅範
Masanori Tada

012

update 2008. 6. 8.
2014. 3. 23.


rovamimi returns
clues to music in my life : do not trust under forty


 
 


おやじカンタービレ vol.2
(全文復刻掲載)

 
 
  幼稚園から吹き続けてはいたが2年生になるまで謂われのない教師のバッシングにあい苦労していた。
 
  ある日となりのともこちゃんがふたりっきりでおしえてくれた。
 
  帰宅するなり「ママ!ハモニカにもドレミファあるんだね!」と叫んだおれ。
 
  「あんた、いままでどやってハモニカを吹いてたんだい?」と母親。
 
  おれは3年間もデタラメに息を出し入れしながら、みんなが演奏する音楽に自分が放つすっとんきょうな音色が混じっているのを、その不協和音を楽しんでいたのだった。
 
  音楽はアヴァンギャルドなものとして到来した。
 
  ウルトラマンの怪獣の咆哮に毎日興奮したが、それは当時の現代音楽であった。
 
  4年生になって音楽クラブにはいって大太鼓をやった。
 
  わたしの好きな女の子ベスト10にんのうち9にんが音楽クラブに入っていたのだ。
 
  かわいい女の子たちがピアニカにくちをつけてほっぺたとゆびをうごかしているのを見るのが好きだった。
 
  ピアニカがいっしょうけんめいになると、おれもいっしょうけんめいになってタイコをたたいた。
 
  音楽は女の子のうごきだった。
 
  ランドセルを揺らしながら当時は丸暗記していたベートーベン『運命』の第4楽章をくちずさんで帰った。
 
  紅潮するほっぺ、うごくゆび、ピアニカ、おれのタイコ、運命、まさにシュトルム・ウント・ドランクな函館市港小学校だ。
 
  6年生になって新しい恋の音楽、アグネス・チャンの「草原の輝き」とチューリップの「心の旅」、に出会って、音楽クラブをやめてしまった。

 
 
 おやじカンタービレ vol.2   Niseko-Rossy Pi-Pikoe @musicircus

Niseko-Rossy Pi-Pikoe Music Prize No.003 受賞☆
Claude Vivier (クロード・ヴィヴィエ) 作曲家 おやじカンタービレ<007>

Niseko-Rossy Pi-Pikoe Music Prize No.004 受賞☆
鈴木輝昭(すずき てるあき) 作曲家 おやじカンタービレ<009>

Niseko-Rossy Pi-Pikoe Music Prize No.005 受賞☆
樋口隆一(ひぐち りゅういち) 指揮者 おやじカンタービレ<010>

 
 

006
「カラフルなメシアンでさらなる次元のピアニズムを胎動させている」

児玉桃ピアノリサイタル〜メシアン生誕
100年を記念して〜
200831日(土) 彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

メシアン: 《鳥のカタログ》 第
12番 〈クロサバクヒタキ〉
ドビュッシー:
2つのアラベスク
ドビュッシー: 版画
ドビュッシー: 喜びの島
メシアン: ヴァイオリンとピアノのための幻想曲(日本初演)
ラヴェル: 夜のガスパール
メシアン: 《幼児イエスにそそぐ
20のまなざし》より 第10番 〈喜びの聖霊のまなざし〉 ほか

【アンコール曲】
ショパン: ワルツ第
3番 イ短調 作品34-2
メシアン: ヴァイオリンとピアノのための幻想曲

 
  パリ在住の国際的なピアニスト児玉桃のリサイタル。日本初演の「ヴァイオリンとピアノのための幻想曲」(1933)はメシアン24さいの作品で、彼女がメシアンの未亡人イボンヌ・ロリオから手書きの楽譜を譲り受けて2006年にフランスで世界初演をしている。メシアンからのお墨付きを携えての凱旋公演の様相。1曲目のメシアン演奏で彼女が披露したのは、鳥のさえずるメシアン、を、さらに鳥が歌うメシアンにまで演奏の表現を、深めたのか変化させたのか、今まで聴いたことのないメシアンの表情だった。もしかしたらこっちのほうがほんとうのメシアンだったのだろうか? おそらくそうなんだろう、可憐で速度があってポップでさえあるドキドキするようなメシアン『鳥のカタログ』。それに引きずられるようにしてドビュッシーとラヴェルも、彼女のメシアン調にカラフルに聴こえる。まあ、おいらが聴いてきたラヴェルドビュッシーはコチシェとかミケランジェリみたいなピアニズムなのだからたいていの演奏はカラフルに感じるのかもしれないけれども。そして目玉とも言える「ヴァイオリンとピアノのための幻想曲」、これ、あまりメシアンらしくないというか、ドビュッシー〜ラヴェルのラインというより、突拍子もなくブレヒト〜ハンス・アイスラーの音楽に連想が飛んでしまうところがあった。それってフランスらしくもないってことだけど。メシアンは即興演奏を得意としながら自らのスタイルを築いていったとすれば、そんな未定義な作品があってもいいかな。1曲目で見せたメシアンを「20のまなざし」で再度堪能する。児玉桃の指はメシアンを弾く身体になっていると判断するのは間違いではないと思う。そんな指で弾くアンコールのショパン。そもそも彼女はショパン弾きでもあるのだったが、すっごく良かった。おれはショパンは嫌いである。ピリスのショパンは聴くかなーくらいにショパンは聴かない。ろくなもんでないと思っている。だけど彼女のショパンはとてもいい音楽だった。とろけた。アンコールの2曲目は、本日の目玉曲を再演。サービスサービス、なのか、さっきのはいまいちだったのでもいっかい、なのか、だけど、たいした曲には思えなかったのです。児玉桃はすばらしいタッチとセンスのあるピアニストだと思う。彼女は今年生誕100年記念特別企画として全5回のシリーズ公演「メシアン・プロジェクト2008」を9月から12月にかけて予定している。ぼくはそれを楽しみにしているけれども、メシアンに取り組むことで彼女のピアニズムが変容し、ちょっと予測を超えた次元の表現に至るのではないかという大胆な楽しみも抱いている。

 
 

007
「クロード・ヴィヴィエ(
19481983)というカナダ生まれの現代音楽作曲家の作品におののく」

アンサンブル・ヴィヴォ
2008
Ensemble Vivo 2008 Creative Works in 20th
21th Century European Tendency
2008
36日(木) 東京オペラシティ リサイタルホール

クロード・ヴィヴィエ:フルートとピアノのための小品 (
1975
クロード・ヴィヴィエ:ヴァイオリンとピアノのための小品 (
1975
クロード・ヴィヴィエ:パラミラボ〜フルート、ヴァイオリン、チェロ、ピアノのための (
1978
ベアート・フラー:粘土の足で立って[日本初演]〜声とフルートのための (
2001
フィリップ・ユレル:墓(トンボー)ジェラール・グリゼーの思い出に〜打楽器とピアノのための(
1999
セバスチャン・ガクシー:ジグゾーパズル[日本初演]〜テナー・サクソフォンのための (
2004
アラン・ゴーサン:球体のハーモニー[日本初演]〜フルート、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、打楽器のための(
2006

 
  (オリジナル・テキスト消失のため復刻できませんでした。 musicircus 2014.3.23.

<参考リンク> 
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review 20080306日(木)
  アンサンブル・ヴィーヴォ2008@東京オペラシティ
 
 

008
「映像的である響きを印象付け新しい聴衆を獲得した三善作品と読む」

469回 読売日本交響楽団定期演奏会
2008310日(月) サントリーホール
指揮:下野竜也 ヴァイオリン:チョーリャン・リン

三善晃:アン・ソワ・ロアンタン 《遠き我ながらに》 〈創立
20周年委嘱作品〉
バーンスタイン:セレナーデ
伊福部昭:倭太鼓とオーケストラのためのロンド・イン・ブーレスク
バーンスタイン:〈ウエストサイド物語〉からシンフォニックダンス

 
  (オリジナル・テキスト消失のため復刻できませんでした。 musicircus 2014.3.23.

<参考リンク>
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review 20080311日(火)
  読売日本交響楽団「三善晃/アン・ソワ・ロアンタン」@サントリーホール
 
 

009
「鈴木輝昭の器楽作品における古典的でありながら現代的である語法に驚愕する」

Point de Vue Vol.II 邦人作曲家の作品によるコンサート
2008312日(水) 府中の森芸術劇場 ウィーンホール

佐藤岳晶:― 箏とピアノのための新作 ―(初演)
築田佳奈:― チェロとピアノのための新作 ―(初演)
新垣隆:「バルカローレ――辺境―地峡第2番」(初演)
森山智宏:「
Secret Passage」(2004/改訂初演)
鈴木輝昭:「
Dialogue」(1997
中川俊郎:「
Trans-figuration, III-B」(19832008/初演)
杉山洋一:「間奏曲
II」(2000
三善晃:「マリンバ協奏曲」(
1970

 
  (オリジナル・テキスト消失のため復刻できませんでした。 musicircus 2014.3.23.

<参考リンク>
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review 20080313日(木)
  Point de Vue vol,2 @府中の森芸術劇場ウイーンホール
 
 

010
「奇蹟の日に明治学院で鳴り響いたかけがえのないマタイ受難曲」

明治学院バッハアカデミー第
47回定期演奏会
明治学院チャペル改修記念
マタイ受難曲 指揮:樋口隆一
2008321日(金) 明治学院白金チャペル

 
  (オリジナル・テキスト消失のため復刻できませんでした。 musicircus 2014.3.23.

<参考リンク>
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Review 20080320日(木)
  明治学院白金チャペルでバッハのマタイ受難曲
 
 

TOPへ戻る