homeへ戻る
rovamimi returnstopへ戻る


rovamimi returns
clues to music in my life : do not trust under forty


多田雅範
Masanori Tada

029

update 2010. 8. 1.
2016. 8. 15.


rovamimi returns
clues to music in my life : do not trust under forty


 
 


ニセコロッシ・コンサート・ツアー vol.17
Niseko-Rossy Pi-Pikoe Consert Review in Japan vol.17
(全文復刻掲載)

 
 
  悩ましい。圧倒的な存在感を示したリプキンと井上道義にピーピコ賞を献上しないでいるのは、その力量ゆえにさらなる上の感動体験が予測されるからなのであります。またきっと聴きに行きますから!許してください。

 
  悩ましい。ポリーニが来日するのでチケットをチェックすると・・・ショパン、ドビュッシー、ブーレーズ、うおおお、プラチナ席3まんえん。ひそかに狙った宝塚記念もはずれ、万事休す。ジャレット・トリオ1まんえんを3回行くよりポリーニだろ。牛角3回より叙々苑1回。ピリスも観た、シェプキンもゲルバーも寺嶋陸也も児玉桃もすもももももも観た、あとはポリーニとシフだ。あとは函館夏競馬だ。

 
  来週ファジル・サイを観に行く。しかも紀尾井ホール。あんたどんだけ?という破格のファナティック・ピアノを生で体験できるのだ。

 
 
 ニセコロッシ・コンサート・ツアー vol. 17
 Niseko-Rossy Pi-Pikoe Consert Review in Japan vol.17

Niseko-Rossy Pi-Pikoe Music Prize No.035 受賞☆
浜田理恵 ソプラノ 生年不詳〜 ニセコロッシ・コンサート・ツアー<081>

 
 

080
「チェロ奏者を超えたリプキンの存在感は20年前のメセニーのようである」

レオシュ・スワロフスキー指揮 スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団
チェロ:ガブリエル・リプキン
2010612日(土) サントリーホール 大ホール

スメタナ:連作交響詩「わが祖国」より 交響詩「モルダウ」
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 
op.104
ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調
op.95 B.178「新世界より」

 
  リプキンを聴きに来たのだから、「モルダウ」なんてのは前菜だーなどと、なめてかかっていた。たしかに主旋律は有名だけど、全体を聴いたことないだろ!そりゃそうですけどね、たかが「モルダウ」じゃないですか・・・。はたして。モルダウにはこの世のものとは思えないサウンドのもやがかかっていたのでした。こ、この弦楽のかすみのような響きは、CDでは再現不可能。スロヴァキア・フィルは、さすがに素晴らしい響きなのです。そして、モルダウのホルン独奏が朗々と鳴るひとときは・・・。

チェコの代表曲と言える作品を、スロヴァキア・フィルで聴く。いわば本場もの、だな。まだスロヴァキア・フィルはインターナショナルという平準化を被ってはいないように感じた。このホルン奏者に本コラムの音楽賞であるピーピコ賞を授与しようと主催者にプロフィールを問い合わせてみたけど、返信がないのが残念です。 で、お目当てのリプキン。さすが、の一言。ガッと音楽をわしづかみにするようにチェロを引き出す大胆な力量。このひとのチェロには、音楽が宿っている。弾いている表情、音楽への没入ぐあいは、若き日のパット・メセニーそっくりだ。メセニーもギター奏者を超えた音楽を創造する存在だけど、リプキンにも同じ資質を感じた。圧倒的な拍手も当然。アンコールとしてガブルエリの「カノン」とドヴォルザーク「スラブ舞曲第15番」を華麗に、かつ、情熱的に。ああ、これはリプキンのリサイタルに行かなければ!と、喉が渇いたような気持ちにさせられる。どれだけスケールの大きい音楽を放つのか、確かめなければならない。

思うに、リプキンと共演するピアニストは相当な力量が必要とするだろう。今日のスロヴァキア・フィルはリプキンを包み得た。他のオケならどうだっただろう。そんなことを考えさせられる巨星のような才能だ、リプキンは。

 
 

081
「会場が息をのんだミカエラ役の浜田理恵さんの歌唱」

オペラ『ジョルジュ・ビゼー:カルメン』
2010618日(金) 新国立劇場

 
  公演紹介

「2007年11月新国立劇場初演。初演時に絶賛を博した鵜山演出の本プロダクションが再演されます。指揮者にマウリツィオ・バルバチーニ。そしてタイトルロールは、アメリカ、オーストラリアを中心に本役で活躍しているキルスティン・シャベス。ドン・ホセ役にトルステン・ケール、エスカミーリョ役にジョン・ヴェーグナーと、日本でも既に知名度が高い歌手を招聘。またミカエラ役にフランス在住の浜田理恵をキャスティング。充実したアーティストが一丸となって、この人気演目を上演いたします。」

オペラ「カルメン」を観に初台の新国立劇場へ。今日は望遠の双眼鏡を持って来たし。23100えんの特等席で両隣が居ないという左右に伸び放題な体勢でのVIPな鑑賞になったし。だのに。序曲を聴きながら、小学校時代の運動会にタイムスリップしてしまう庶民のわたしであった。ああ、ほんと、人生なんて一瞬なのだわ。

135年まえの作品。

愛に生きるより恋に生きるというタバコ工場のジプシー娘、カルメンちゃん。
カルメンに惚れて牢獄に入ってしまう伍長、ドン・ホセ。ホセの故郷の許婚、ミカエラ。
カルメンちゃんの新たな恋人、闘牛士のエスカミーリョ。
言い寄って思いどおりにならないカルメンちゃんを刺殺するドン・ホセ。そんなのドラマでもオペラでもない。ただの犯罪です。

この登場人物の主要4にんのうちミカエラ役の浜田理恵(ソプラノ)が日本人でしたが、第三幕のミカエラのアリア、これがじつに良かった。突出して良かった。なにか、観客たちもその表現レベルの到来に誰もが息をのみ、しんとして身動きせずに聴き入ったのだった。純情可憐で一途なミカエラの切々とした情感を、押し殺して、それでもあふれてくるような情感を、かしげる首のよじりに押し込めては毅然と目を前にすえて歌い抜ける。しびれた。

舞台美術もさながら動く絵画のようであった。石でできた建物の窓に映る人影は静止画のように美しかった。盲しいた老婆が群集の中、登場人物に隠れて世界の一端を生きている風情も深みを与えていた。

オーケストラ・ピットの演奏のほうは、ちょっと合唱団のパートと合わないような部分もありましたが、全体的には良かったのかな、もう少しオペラに通い慣れなければ判断がつきません。

 
 

082
「圧倒的!井上道義の伊福部とストラヴィンスキー」

日本フィルハーモニー交響楽団 第
621回定期演奏会
2010626日(土) サントリーホール 大ホール
指揮:井上道義 マリンバ:安倍圭子

伊福部昭:マリンバと管弦楽のためのラウダ・コンチェルタータ
ストラヴィンスキー:ハ調の交響曲
ストラヴィンスキー:バレエ組曲《火の鳥》(
1919年版)

 
  伊福部昭の音楽を考えると、オーネット・コールマンを連想する。独学で、革命的なデビューと成果、どの作品を聴いても明確に刻印されるオリジナルなフィギュア。

この伊福部作品は79年初演以来、安倍圭子のマリンバ演奏で世界中で演奏された作品。初めて聴きましたが、すごい迫力でした。安倍さん、73さいなのですか! ほとんどそんなことを感じさせない熱演ぶりでした。演奏のあと指揮の井上さんが「安倍さんは、独力でマリンバという楽器の世界を切り開いてきた、ほんとうにすごいひとなんです!」とオーディエンスにアナウンス。満場の拍手。こないだの日比谷公会堂でも感じたけど、井上さんの、文化を継承し、伝えてゆくという熱意は素晴らしすぎて、かっこいいくらいです。

この日のプログラミングを含めて、まさに井上道義劇場となりました。若き日にバレエをやっていたという井上の身体運動が見事に反映した指揮ぶり。オーケストラも決まりまくる。井上と伊福部、ストラヴィンスキーは天下無敵でしょう。こないだのドゥダメルに世界レベルで対抗できるのは井上さんしかいまい。

しかして。井上道義はオーケストラアンサンブル金沢という見事な響きのお手馬をお持ちである。日フィルも的確かつパワフルで、この日の伊福部、ストラヴィンスキーは快演と言っていい出来だったと思う。あのオーケストラアンサンブル金沢の響きで聴きたくなってしまうのはいけないことでしょうか・・・。

 
 

083
「日本の梅雨の時期の雨の歌は湿気の影響なのかぬるいだけの演奏に」

エリック・シューマン ヴァイオリン・リサイタル
201072日(金) トッパン・ホール
エリック・シューマン(ヴァイオリン)/イ・ジンサン(ピアノ)

ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第
1番 ト長調 Op.78 《雨の歌》
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第
2番 イ長調 Op.100
ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番 ニ短調 Op.108

 
  オール・ブラームス・プログラム。「雨の歌」はとくに好きです。アッカルド、五嶋みどり、マキシム・ヴェンゲローフ、クレーメル、と、いろいろなヴァイオリニストの魔法が耳に去来するわけだけど、ちょっとその異次元のレベルにはかなわなかったですね。梅雨の時期のヴァイオリン公演、というのもあったせいか、音はこもって聴こえたし。日本の梅雨の時期に雨の歌は合いそうで合わないのだ。ヴァイオリンのコンディションのことを考えるのは余計なお世話でしょうか。

チラシを見ると「2008年、エッシェンバッハとのリサイタルから2年!今、新しい伝説が生まれる!」「強靭な精神性を携えた著しく高い水準の演奏」とあるけど、82年生まれ、28さいの甘いマスクをしたこのヴァイオリニスト、柔らかく、思索的に奏でているのだけど、その若さでそんなぬるいところで満足げなことしていてもしょうがないでしょうに。若き美しい女性のオーディエンスは多かったけれど。そんなの、自分がいちばんよくわかっている、と、そう言いながら鳴っているヴァイオリンだった気もする。

NHKのクラシック倶楽部が収録のためにカメラを入れていたので、そのうち全国ネットで放映されるでしょう。アイドル路線に吹っ切れて弾いているわけでもなさそうなのです。聴きながら、いろいろなモノサシを持って聴こうとしている自分がいやでしたし、疲れました。芸術は・・・圧倒的に訪れるもの、です。

 
 

TOPへ戻る