homeへ戻る
翻訳のtopへ戻る

  On Kawara 河原 温

彩耳記17  曖昧な正確さ、正確な曖昧さ──河原 温
René Denizot(ルネ・ドニゾ)による河原温論 『絵画、あるいは無(PAINTING, OR NOTHING)』

  河原温は、当日の日付の文字だけを描く
「日付絵画」の連作、
"Today"シリーズによって、国際的に知られた作家です。
また、《100万年》 《
I am still alive》など、
極めてストイックな表現を用いながら、それ故に、
人間の生や、時間の概念について、深く問いかける作品を発表しています。



河原温 初期作品集

『死仮面』はカビと湿疹に覆われた増殖する死の世界の側に属する肖像画集。作者が芸術としての工風を究めることよりも、その沈着冷静な瞳で捕らえた世界をありのまま虚飾なく描くことに専念しているだけに、その底知れぬ不気味さは一層観る側にこたえる。心臓の弱い方や健康な美しさや楽しさを求める方はけっして見てはいけない種類の絵画である。(堀内宏公)

  ON KAWARA 1952-1956 TOKYO
 

発行日:1991年10月28日 初版
作品:河原 温
造本・デザイン:スタジオ・ギヴ
発行人:山田晶義
発行所:株式会社PARCO出版
印刷・製本:凸版印刷株式会社
ISBN4-89194-291-6 C0071
ハードカバー・ケース 21.7×28.0cm 207頁
本体価格:11,650円

序=増田通二/50年代について=小田 実
新しい視の枠組を求めて
――1950年代の河原温=横山 正

油彩とデッサン 13点
連作 「浴室」全28点
    「物置小屋の中の出来事」全31点
資料編 1952-1956 新聞見出し

2004年現在 絶版

  河原温死仮面
 

発行日:1995年11月24日
作品:河原 温
デザイン:スタジオ・ギヴ 山岡茂 岡本佳子
編集人:中村冨貴
発行人:山田晶義
発行所:株式会社PARCO出版
印刷・製本:望月印刷株式会社
ISBN4-89194-442-0 C0071
本体価格:33,981円

連作 「死仮面」全30枚


限定180部
2004年10月2日現在、版元に数冊在庫有り

  『死仮面』は河原温が日本において発表した最後の素描連作で、シリーズ『日本人の肖像』の第一部にあたる。1956年5月11日〜20日、河原温「死仮面」展としてタケミヤ画廊で展示された。(第二部『第三階級』は未完成のまま今日に至る)

「本來、この作品は、画集として最初から企画されたものであって、そのため画面を同じ大きさに限定しなければならない、という不都合が生じた。これは『印刷の絵画』とでもいうようなものの作者の最初の試みである。」(タケミヤ画廊)


On Kawara
Saturday NOV.22.1975
1975
Liquitex and mixed media on canvas
18 x 24 " each panel

On Kawara  One Thousand Days  One Million Years
543 West 22nd Street, NYC January 1 - December 31, 1993
  Dia Art Foundation
河原温展《全体と部分1964-1995》 1998年1月24日 - 4月5日 東京都現代美術館
市原研太郎
Documenta11: On Kawara, Museo Fridericianum
トラファルガー広場に河原温の朗読ブースが出現。
24時間7日間ぶっ続けで行われたイベントを徹底レポート。
河原温 "百万年(過去編・未来編)" 公開録音プロジェクト 2002年9月3日 - 11月23日
One Million Years (Past and Future) [サウンド・ファイル試聴:73分]
 UBU WEB : SOUND
"全面対決 トークライブ !! 芸術徹底討論会「戦争と芸術」"
「河原はかつて、浴室シリーズとデイト・ペインティングを切り離してくれるなと私にいった」(針生一郎)
針生一郎ミニ・レクチャー
(2001年6月30日 黒田オサムさんの古稀を祝う会にて)
The Technique of the Present
Jean-Luc Nancy
from "A Journal of Comparative Literary Studies"
Department of Comparative Literature at the University of Southern California.

展評 [complex BLOG Version]
2007
1010日 「河原温 ―本― 」 (中島水緒)

TOPに戻る