JOHN CAGE
homeへ戻る
堀内宏公
Hiromasa Horiuchi


     
         
           
  ポール・グリフィス著『ジョン・ケージの音楽』
         
         
           
  ジョン・ケージ 創作の変遷と代表作品/堀内宏公
         
         
           
  サイレンス(沈黙)の諸相/堀内宏公
         
         
           
  ジョン・ケージは何を表現しようとしたのか/堀内宏公
         
         
           
  ケージとケージ以後 ―― エクゾティスムの無化/安芸光男
         
         
           
  John Cage's Links 〜《ジョン・ケージの輪》
         


     
ジョン・ケージ 混沌ではなくアナーキー
白石美雪

定価(本体 3,200円+税)
武蔵野美術大学出版局
(2009926日刊行)
20回吉田秀和賞受賞

<選評より>
ジョン・ケージは何よりもまず「行為者として音楽」へと向かった音楽家だった。この視点から、著者はケージの風変わりな作品を精査し、とくに偶然性、不確定性の思想とのかかわりに着目して、その音楽が体現している音楽的なあるいは非音楽的な意味について周到な考察をめぐらす。各種の学術的成果を渉猟した研究書の体裁だが、音楽史、東洋思想とのかかわり、パフォーマンス論、メディア論と切り結んだ語り口は衒いがなく、音楽学的にも厳密をきわめ、著者のケージに対する人間的共感がにじみ出ている。ケージの全体像にせまった力作である。綿密かつ丁寧な仕事だ。