homeへ戻る

 
Cahiers du Jazz

小野好恵
Yoshie Ono

 
 


 
 
Cahiers du Jazz

小野好恵
Yoshie Ono

 
 
 


 
  『ジャズ最終章』小野好恵(深夜叢書社)

JAZZTOKYO "LIBRARY" no.09 by 稲岡邦弥
バスター吉田の知ったかぶりブックレビュー29

 


 

 

 

Cahiers du Jazz
(産経新聞連載コラム 1990年2月10日〜1222日)
 


 

 

 

週刊朝日連載 ジャズ・ライヴ評
1983610日〜198461日)
 


 

 

 

書評 01
虚妄あばく逆転の発想
三浦雅士 著 『私という現象』
 


 

 

 

書評 02
愛情あふれるジャズヘのオマージュ
ナット・ヘントフ 著 志村正雄 訳 『ジャズ・イズ』
 


 

 

 

書評 03
切り口からジャズの臭い
相倉久人 著 『背中あわせの同時代』
 


 

 

 

書評 04
果てしないジャズの旅
清水俊彦 著 『ジャズ・ノート』
 


 

 

 

映画評
モダンジャズの巨星 C・パーカーの軌跡たどる
C・イーストウッド監督作品 『バード』
 


 
 
小野好恵編集『カイエ』総目次(websitea memory hole」内〕

『カイエ――新しい文学の手帖』冬樹社刊
編集人:小野好恵 発行人:高橋直良
19787月創刊号〜198012月号

 
 
 
 
小野好恵 (おの・よしえ)

1947114日、東京生まれ。小・中学生時代を仙台で過ごす。都立新宿高校を卒業後、1972年青土社に入社。75年から77年まで雑誌「ユリイカ」の編集長、78年冬樹社に移り「カイエ」を創刊、文学から映画、音楽、美術などあらゆるジャンルのテーマを特集に組み、先鋭な問題意識を持って70年代から80年代に至るクロスカルチャー時代の先端をリードした。80年、フリーの評論家として独立後、主にジャズとプロレスの分野で活躍。世界の文学・思想から幕末維新史まで広汎な知見をからませて語る独得な批評を展開した。93年、癌の発病、3年の闘病もむなしく96年死去。著書に村松友視との共著「四角いジャングル・ブック」(冬樹社)がある。

 
     

  このコーナーは、小野好恵夫人・小野ひろ子氏の許諾のもと、単行本『ジャズ最終章』未収録の音楽関連のエッセイ、評論等を御紹介するものです。musicircus  

TOPへ戻る