homeへ戻る
Cahiers du Jazztopへ戻る

 
Cahiers du Jazz

小野好恵
Yoshie Ono

 
 


 
 
週刊朝日連載 ジャズ・ライヴ評
1983610日〜198461日)
Yoshie Ono
 


  01 ジャコの自由奔放さはやはり
『ウエザー』という秩序の中でひかる
 
  02 凡演のマイルスに比べ“蔭の音楽監督”
ギルの演奏の方がなぜ光ったか
 
  03 レスター・ボウイナベサダ久しぶりの公演は
黒人新監督の良さも出て洗練されたサウンド
 
  04 ロックとジャズとアフロ音楽を結びつけた
ドン・チェリーの戦略は見事
 
  05 ロック世代をノセまくるウエザーと
クルセイダースの安定ぶりは驚異的
 
  06 ジョージ・ベンソンの硬軟自在のテクニックが
ファンを総立ちにさせた
 
  07 65歳のエラが30年前同様のノドを聴かせた
JATPの光景にビックリ
 
  08 近藤等則のライブはスリリング
前衛ジャズ+ビートたけしの不思議な味
 
  09 テクノロジー時代を“軽々”と生きる
パット・メセニーのパワフルな技術
 
  10 圧倒的な迫力のジョージ・アダムスと
伝統の香り漂うリッチー・コール
 
  11 ただ者ではないキース・ジャレット
ソロ・ピアノでジャズの神髄を披露
 
  12 現代音楽の“前衛”2グループが来日
ロックとジャズ融合し表現力は抜群