星辰譜

服部眞幸

homeへ戻る



紀元前3世紀末になると
ソロイの医師・詩人であったアラトスBC315 - 240
1,154韻文化した『星辰譜(ファイノメナ)』いた
44星座出没、星座神話をめぐる長編
にグノーシスの宇宙観影響えてゆく
グノーシスの思想、抑圧された侵略者する抵抗思想でもあるのだが
その
核心部には、「静かなるしみ、通低低音のようにけている
私達
はどこまでも延期されけっして解決されないものとして
まりけざるをない円環孤独にいる
わりわりをきる私達存在現実された「譜(スコア)」らに
「着地
することのできない言葉」という音符したい

008

ディヌ・リパッティ

007

ラフマニノフ:ヴォカリーズop.34-14

006

音・祈り ── 別れのために

005

染まらない色

004

その国の名は

003

百合の黄昏

002

まなざし

001

七夕

TOPへ戻る