criticism

  安芸光男
  
Mitsuo Aki

homeへ戻る
Post - Praeludiumtopへ戻る

         
11     カオスの司祭 ―― 新しい音楽の創造者ツトム・ヤマシタ
10     アノニマスな音楽世界 ―― 柴田南雄「合唱」
9     音楽の場所 ―― 高橋悠治の思考と活動
8     演奏の時代の表層感覚 ―― キース・ジャレットの新譜から
7     間宮芳生の二つのベクトル
6     タンゴス・ヴァリアードス ―― 20世紀を貫き流れる「タンゴ」の響き
5     ケージとケージ以後 ―― エクゾティスムの無化
4     柴田南雄の位置 ―― 「作品」概念の転換へ向けて
3     多層的な時間の視覚ポリクロニック・ヴィジョンズ ―― 武満 徹の音楽
2     ハンス・ツェンダーの音楽「シューベルトの『冬の旅』」について
1     武満徹と「日本的なもの」について