homeへ戻る
rovamimi returnstopへ戻る
ロヴァ耳日記のtopへ戻る


rovamimi returns
circumstances, environment, world, family


多田雅範
Masanori Tada

001

update 2002. 12. 10.


rovamimi returns
circumstances, environment, world, family


 
  introduction
9・11と山下邦彦
9・11から1年
9・11を連想してしまうJポップ2曲
CKB/氣志團/トミフェブ/藤本美貴
「ジャズですか。思えばそういうものもありましたねえ。」
ジョー・マネリを買う無名のジャズ達人
庄司紗矢香が奏でたヴァイオリン
今年のジャズ/ドネダ〜齋藤徹
それなりに過ぎる日々
ニセコアンヌプリ
ミュージサーカス
 
 
  introduction



 
   「或る日突然ふたり黙るの。せっかくブラッド・メルドーの新譜『ラーゴ』発売日に買うのを必死に我慢して節約して子どもたちに会いに行ったら、おかあちゃんが堂本剛の『ROSSO E AZZURRO』なんぞを購入してちゃぶ台の前でひとりガンガンにかけながらこともあろうに歌詞を紙に書き写してうっとりしているひとときに出くわしてしまい、あ、トワエモアはこのことを歌っていたのかとひとりごちる」の巻。もしくは、「ほしいものはいつもまっすぐてにはいらないほうがぜったいドラマチック!」号。
 
     
   いよいよ日銀が銀行株に手を出して日本という国の資本主義ストップに向かって落下する(すげーおおざっぱな把握ながら、おれにはその音聞こえたよ)ことを隠蔽するかのような、日本と北朝鮮の交渉のニュースとともに、ナレーションは北朝鮮では97年から98年にかけて300万人もの餓死者が出たとかで。テレビに映ったのは、草っぱらで乳飲み子を抱えた母親が子供のほおを摺り寄せながら泣いており、背後には仰向けに餓死した人間の膝がくの字に折れていた、太陽がふりそそぐ無音の擦れたカラー映像。餓死せざるを得ない絶望、は、アフガニスタンにもあったんだが、アフガニスタンに限らずアフリカでも世界中で繰り返されている光景なのだが、たとえば映像には映っていないこの青空をジョルジュ・バタイユはきっと描き得なかった。
 
   5才になったきよちゃんが中学3年生のお姉ちゃんとお風呂に入っている。おおお、何という美しい光景じゃろうことか、「お父ちゃんも入っていいかー」と声をかける。お姉ちゃんが語気を強めて「ころすっ!」と叫ぶ。続いてきよちゃんがグーをしてそな嬉しそな悲鳴で「おとうしゃん、ころしゅー!」。ころしてくれ、ころしてくれ、いとしい娘ふたりにころされるなんぞ、ジョルジュ・バタイユにしのごの言われんでもこの世の至福に決まっておろうぞ。
 
   いきなり不謹慎な主題が、この堀ごたつ半径1メートルと数分で交差したな。
 
   わし、かなりオトナ子供での。35も過ぎてから「生きる」ことを知りたくなって、葬儀屋に見習いに入った。老若男女の重いのから軽いのから運んだし、天寿ごまっとうから事故死・自殺までのさまざまな一生を漕いだ泥ぶねたち、特注になってしまう幼児用の棺おけ、伸びるひげ。仕事が終わってから安置室でひとりひとりドライアイスの位置をチェックしながら都電に乗って帰るのを日課にしていた。威勢のいい魚屋の前を通って、赤ん坊の泣き声がしているのを聴きながら歩く夕暮れ。大相撲中継。ナイター中継。通り過ぎるトラックの振動。無念で亡くなったひとには、わしの余生に肩に憑いて同伴することを許可したので、霊視なされる方はわしに会うとやかましいぞ。
 
   さて、ロヴァ耳でも書くか。
 
   まず最初に。期待の音楽雑誌『アウトゼア』は休刊したまま、多くの読者の口をゆがめさせながらも続いていたコラム『ロヴァの耳』を、ここにいじましく復活させてしまう。タテ書きで、宗利さんのデザインで、印刷されてるつもりで。
 
   『アウトゼア』が創刊して店頭に並んだとき、街のあちこちで無謀にも『レコ芸』と『SJ』と同じ高さで平積みをした書店があって、ガスタンクの表紙の醸し出す雰囲気がすがすがしかったものです。8枚のジャズ即興輸入盤を選んではじけるように書いたコラム()。もうあれを越えられんと思うとる。
 
   前回の『ロヴァ耳』vol.008で挙げた年間ベスト10枚()と新譜推薦10枚()について、やはり何かしら音楽や演奏家について紹介するテキストを書かない態度は不快だったという意見が複数寄せられた。知るか。……。もとい、実名を挙げられたCDには失礼だったか。やっぱそのうち書きます。セレクトのおススメ度は1年経ったけど同じ強さです。かなりレベル高い年だったもの。
 
   朝に紅顔として生まれて、夕べに白骨と化す。

 
 

TOPへ戻る