homeへ戻る


 彩耳記
 
saiji-ki



堀内宏公
Hiromasa Horiuchi

1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
40 ニック・ベルチュ ローニン 1
39 ロシア・ジャズ再考
COOLファンタスチカ&HOTロマンチカ」
1
38 23回<東京の夏>音楽祭2007 「島へ─海を渡る音」 1
37 BC(バッハからコンテンポラリーへ)
江崎浩司 リコーダーリサイタル
1
36 井上郷子ピアノリサイタル #16
「リュック・フェラーリのために」
1
35 東京混声合唱団 第209回定期 <未来への“祈り”>
三善晃:レクイエム(混声合唱と2台ピアノ版 初演)
1
34 東京都交響楽団 第638回定期演奏会Aシリーズ
「松村禎三」
1
33 桃山晴衣 著 『梁塵秘抄 うたの旅』 1
32 オーケストラ・コンサート「武満徹の宇宙」 1
31 ユッスー・ンドゥールを聴いて日本音楽に思いを馳せる 1
30 高橋悠治・豊住芳三郎デュオ 1
29 中村恩恵 新作2005 a play of a play 1
28 永遠の光に""がふれて
── シュトックハウゼンの「宇宙」
1
27 沢井一恵の3枚のアルバム
現代邦楽の世界/目と目/ジョン・ケージ:
3つのダンス
1
26 ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲 1
25 ジェルジ・リゲティ 1
24 ヤニス・クセナキス
── 『エルの伝説
La Légende d'Eer
1
23 オレゴン 1
22 声と息の芸術、義太夫 1
21 無意識への扉を開く壮大な叙事詩
── パット・メセニー・グループの新作『
The Way Up
1
20 弔鐘、美しき黄昏のなかで ── ボルタンスキー、三善晃 1
19 大野松雄の音響世界 1
18 進歩という名の幻想 1
17 曖昧な正確さ、正確な曖昧さ ── 河原温 1
16 『武満徹全集』完結 1
15 ジャチント・シェルシ 1
14 遍在する心、静かな宇宙の庭 ── 佐々木昭一郎 1
13 生成する、不可視の彫刻に ── 若林奮 1
12 エピクロスのおしえ 1
11 坂本龍一/SMOOCHY 1
10 夜の時間。夜の思考。 1
9 沈黙の縁、闇のしじま ―― 佐藤聰明の音楽 1
8 音楽は少年犯罪とどのように向き合うか
〜五嶋みどり ウィークエンド・コンサート(中学生・高校生のための)
1
7 響きの彼方へ〜共鳴・倍音・アンビエンス 1
6 レオシュ・ヤナーチェクとスティーヴ・ライヒ〜〈声〉と〈意味〉の音楽 1
5 壁の向こうにあるもの/クロノス・クァルテット 1
4 甲斐説宗の音楽 1
3 『ダニエル・ビュレンヌ展──透きとおった光』(水戸芸術館1996年) 1
2 柴田南雄の《追分節考》と《ふるべゆらゆら》 1
1 エドガー・ヴァレーズ Edgard Varèse 1
      1

TOPに戻る